好きなカードを紹介していく。第二回「銀のゴーレム、カーン」

 皆さんごきげんよう。本巣だ。第二回目となる今回は、MTGの花形であるクリーチャーを紹介しようと思う。では早速見ていただこう。

銀のゴーレム、カーン (5)
伝説のアーティファクト・クリーチャー - ゴーレム

銀のゴーレム、カーンがブロックするかブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで-4/+4の修整を受ける。
(1):クリーチャーでないアーティファクト1つを対象とする。それはターン終了時まで、パワーとタフネスがそれぞれ自身の点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーになる。


4/4

スポンサーリンク

?

 さて、本巣の紹介するカードであるならば普通のクリーチャーではないと予想しておられた方は鋭い。

 この、銀で作られたゴーレムは、通常の生物とは全く異なる運用が求められる面白いカードだ。
 順にスペックを見ていこう。

 先ずはサイズだ。5マナに対して4/4と、コストパフォーマンスは標準である。レジェンドクリーチャー(自分の戦場に2体以上存在できない)である事を考えると良くはない。
 次に能力だ。第一の能力は、自身がブロックするかブロックされるとパワーが-4され、タフネスが+4されるというもの。これはほぼデメリット能力と言えるだろう。例えタフネスが1しかないクリーチャーであっても、戦闘になってしまうと相手を害することができない。MTGにおいてクリーチャーによる攻撃は最も多く行われる行為なだけに、相手のクリーチャーを倒せないこのカードは戦闘においてほぼ使い物にならないと言える。

 では、何故このカードを紹介したのか。それは、第二の能力がデメリットを超える魅力を持っているからに他ならない。

 

 

 カーンの第二の能力は「生物化」


 第二の能力は、アーティファクトのクリーチャー化である。わずか1マナで、任意のアーティファクトをクリーチャーにする事ができる。これはコントローラを問わず、戦場に存在するアーティファクトであれば全て対象にする事が可能だ(ただし、呪禁など対象に取れないパーマネントは別である)。魔法をかけてロボットにするイメージだろうか。

 この能力を使えば、何のこともないマナ・アーティファクトなどが立派な戦力になってくれる。例えば「ダークスティールの鋳塊」などは3マナで3/3、破壊不能と、とてつもないパフォーマンスを持ったクリーチャーに化ける。更にマナ能力などもそのまま保持するため、ブロック時に自身をタップし、コンバットトリックなどのマナソースとする事もできる。ターン終了までの効果とはいえ、これだけで戦力の大幅な強化が可能だ。

 さらに、クリーチャー化することで生まれるメリットはこれだけではない。例えば、「通電式構成物」などを用いれば、クリーチャー化したアーティファクトをアンタップできる。アンタップする能力には4マナ必要だが、「訓練場」などで軽減してやれば「スランの発電機」や「金粉の水蓮」などでお手軽無限マナだ。

 また、「マイコシンスの格子」とのコンボも強烈である。このアーティファクトは全てのパーマネント・タイプにアーティファクトを追加するというものだ。戦場に出ているものが全てアーティファクトになるので、カーンの能力が全てのパーマネントに使えることになる。
 つまり、土地もアーティファクトで、効果の対象にできる。しかしどうだ。土地はマナコストを持たない。よって、点数で見たマナコストは'0'である。この土地に対してカーンの能力を使うとどうなるか? 

 答えは簡単だ。アーティファクト・クリーチャー化した瞬間、タフネス0による状況起因処理によって即座に墓地へ送られる。これは破壊されて墓地へ送られるわけではないためスタックを用いず、カーンの効果が解決されれば即座に墓地へ落ちることとなる。
 実質たった1マナで土地の破壊が可能となるのである。その破壊速度はポンザの比ではない。揃ってしまえば実質勝ちと言って良いコンボだ。


 ただし、このコンボもあまりに強力なため、カジュアルとは言ってもほどほどにしておこう。

 なお、第一の能力をほぼデメリットと表現したのには理由がある。「包囲の塔、ドラン」などと組み合わせれば、タフネス増加がそのままメリットになるためだ。なかなか一緒に使うシーンはないかと思うが、興味を持った方は組み合わせて使ってみてほしい。パワー8相当のカーンが相手のクリーチャーを撲殺する様が見られるだろう。


 以上からこのカードを総評すると

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒  ★★☆☆☆(星2・それほど強力ではない)

面白さ ⇒⇒⇒⇒  ★★★☆☆(星3・あらゆるアーティファクト関連カードとシナジーあり)

理不尽さ ⇒⇒⇒  ★★★★☆(星4・コンボによっては完全ロック可能)


 第二回目、「銀のゴーレム、カーン」の紹介は以上だ。癖のあるカードだが、是非一度使ってみて欲しい。

スポンサーリンク

 

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから