好きなカードを紹介していく。第三回「ファイレクシアの抹殺者」

 皆さんごきげんよう。本巣だ。今回も一味違うカードを紹介して行こうと思う。

 こいつだ。

ファイレクシアの抹殺者 (2)(黒)
クリーチャー - ホラー

トランプル
ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。
5/5

スポンサーリンク

?



 おそらく初見の方は色々言いたい事があるだろう。古参のプレイヤーであれば懐かしいと感じるかもしれない。

 順にスペックを見ていこう。

 先ずサイズだ。黒のシングルシンボルを含む3マナ。それでいながらサイズは5/5と恐ろしくパフォーマンスは良い。緑などのクリーチャーにサイズに劣っている事が多い黒の場合、3マナの相場といえば精々2/2だ。それらの平均に比べ、このカードは遥かに大きなクリーチャーと言える。また、トランプルも備えており、相手のチャンプブロックを許さない点も素晴らしい。

 が、安いものには往々にして理由がある。多くの場合デメリットだが、このクリーチャーはそれがとてつもなく強烈だ。

 トランプルの下に書かれているテキストを読むと、受けたダメージの分だけパーマネントを生贄に捧げなければならない、とある。

 1点でもダメージを受けようものなら、自身のコントロールするパーマネントを一つ失ってしまう。2点なら2枚、3点なら3枚である。

 冗談ではない。

 MTGを嗜む方ならば察していただけるかと思うが、この手のゲームはいかにして相手のカードを削り取るか、自身のカードを増やせるかという質の戦いになる。と考えると、例えばこのカードが「稲妻」を食らった場合、3枚ものパーマネントを失ってしまう。相手が使ったコストは赤マナ1点とカード1枚だ。火力を2枚も浴びた場合、最早勝利は絶望的と言える。


 しかしながら、だからと言ってこれだけの攻撃性能を持つカードを見限るのは少々もったいない。この「ファイレクシアの抹殺者」を如何にして有効利用できるか考えてみる。

 

 向いているアーキタイプは?


 先ず、このカードはコントロール系デッキに向いている、と見るべきだ。軽量のコストで唱えられるため、ウィニークリーチャーに似ているように感じるが、そうではない。サイズは立派なものの、このカードは常にプレイヤーが守らなくてはならない。軽量で優秀なクリチャーを多数展開するデッキに混ぜたところで、このカードが足を引っ張るだけなのは目に見えている。

 一方で、コントロールデッキのフィニッシャーと捉えるとこいつは非常に優秀だ。黒系のコントロールカードと言えば、手札破壊と除去呪文。これらは「ファイレクシアの抹殺者」にダメージを与えるカード、あるいは、このカードの前に立ちはだかるクリーチャーを処理してくれる。相手の手札と戦場をコントロールする事で、このカードのデメリットを消してしまおう、という考え方だ。そうなれば、あとはこのカードの優秀な攻撃性能だけが残り、速やかにゲームを終わらせてくれるだろう。

 青などのコントロール系デッキであればダメージソースが少ないこともあって、このカードの独壇場だろう。特に「暗黒の儀式」から1ターン目に戦場へ出てしまうとバウンスなどで対処するしかなくなり、青系デッキにとってはかなり厄介なクリーチャーとなる。

 しかし、赤系のアグロ・バーンなどのデッキ相手では非常に苦しい戦いとなる。とにかくダメージを与えることが得意なアーキタイプであるために、このカードに降りかかる火の粉を払いきるのは難しい。しかし完全に対処できないという訳でもない。幸いにして、黒はクリーチャーに対する除去、手札破壊の性能は高く、アドバンテージを稼げるカードも多く揃っている。こうしたアグロ系デッキは、序盤から「ファイレクシアの抹殺者」を展開せず、とにかくアドバンテージを稼ぐ方向に動いた方が良い。「精神腐敗」や「トーラックへの賛歌」などで手札を攻め、撃ち漏らしたクリーチャーは「滅び」などのリセットでまとめて始末してしまおう。
 十分にアドバンテージを稼げたら、あとは手札破壊を継続しつつ、「ファイレクシアの抹殺者」を着地させ攻撃を開始。ここまで漕ぎ着ける事ができたなら、3から4ターンで勝利をもたらしてくれるだろう。

 ただし、大会などのイベントに参加するレベルのアグロデッキが相手では流石に分が悪い。どうしようもないと感じた時は、素直にサイドアウトする事も重要だ。

 このカードを総評すると

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・性能は高いが条件付)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・強烈なデメリットをどう相殺するか考えるのは面白い)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★☆☆☆☆(星1・幾らでも対処可能)


 前回紹介した「銀のゴーレム、カーン」以上に扱いが難しいカードだが、興味を持った方は使ってみてほしい。使ってみたい場合、ツイストブラックやブリッツなどのデッキリストが参考になるはずだ。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから