読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなカードを紹介していく。第四回「歯と爪」

 皆さんごきげんよう。本巣だ。今日はランプデッキ向けの派手なカードを紹介しようと思う。

 早速見ていただこう。

 

歯と爪 (5)(緑)(緑)
ソーサリー

以下から1つを選ぶ。
・あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大2枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
・あなたの手札からクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。
双呪(2)

 

スポンサーリンク

?

 以前「雲上の座」を紹介した際に名前だけ出てきたカードだ。ランプ系デッキ愛好家の方であればご存知だろう。

 だが、初めて見る方の為に解説していこうと思う。

 先ずはコストだ。(5)(緑)(緑)と非常に重い。これだけのマナが出れば、ゲームを決めるフィニッシャーが唱えられてしまうような重量系スペルである。普通に考えれば、余程の効果でない限りこのような呪文を経由する理由がない。

 さて、その効果だが、この呪文は魔除けや命令シリーズのようにモードが選べるようになっている。一つ目の効果は、ライブラリーからクリーチャーを2枚探し手札に加える、というもの。これは単純にアドバンテージが取れる効果だ。しかし、フィニッシャーは通常1枚で済むものをチョイスするべきであり、2枚同時に手に入れるコストの合計が7マナでは重すぎる。もともと緑はクリーチャーや土地のサーチに秀でた色で、「ウルヴェンワルド横断」や「緊急時」などで簡単にフィニッシャーを引き入れられるため貴重な効果でもない。

 二つ目の効果は、手札のクリーチャー2枚を戦場に出す、というものだ。「エルフの笛吹き」や「流転の護符」の効果を2倍にしたものと考えていいだろう。ただ、通常のマナコストを踏み倒して戦場に出す事ができるのは利点だが、このスペルが重い為に、そもそも普通に唱えて出した方が良いだろう。7マナもあれば普通のクリーチャーならば唱える事ができるし、カード1枚を使って行うメリットがあるかどうかは甚だ疑問だ。

 そして最後に、双呪という効果が付いているのがこの呪文の特徴だ。ここに表記されている双呪コストを支払えば、両方のモードを使う事ができる。

 即ち、クリーチャーをサーチし、それを戦場に出す事ができるのである。一度手札を経由しているので、サーチしたカードではないものを手札から出す事ができるのも地味に嬉しい。合計9マナものマナコストを要求するものの、1枚辺り5マナ程度の生物を2体同時に戦場へ出す事ができれば、単純に1枚分のアドバンテージを稼いでいる事になり、得ではある。

 しかしながら、9マナものコストを要求する呪文はそう簡単に唱えられるものではない。ミッドレンジやウィニーでは唱える前にゲームが終わってしまう。

 では、どのようなアーキタイプであれば有効であるか。

 ズバリ、ランプデッキだ。

 

 ランプとは


 12postやウルザトロンといったランプデッキは一般的なビートダウンデッキとは全く異なる構造で、中継ぎや先発の攻撃クリーチャーが存在しない。序盤はとにかくマナ基盤を強化し、大量のマナから少数投入されたフィニッシャーを戦場に送り出し、勝利するデッキである。そのフィニッシャーも実に個性的で、これらのランプデッキでしかお目にかかれないようなとんでもない生物が用いられている。

 例を挙げると、12post初期型に採用されていた「ダークスティールの巨像」。このカードが2体同時に戦場へ着地し、敵を蹂躙する。11/11トランプル、破壊されないなど、ふざけた性能のアーティファクトクリーチャーが突然2体も出現したとなれば、対戦相手の絶望感は想像に難くないだろう。

 また、「メフィドロスの吸血鬼」と「トリスケリオン」のコンビも面白い。先ず「メフィドロスの吸血鬼」は、自分のコントロールするクリーチャーのタイプに吸血鬼を追加し、それぞれのクリーチャーがダメージを与えるたびに、それの上に+1/+1カウンターを乗せる、というものだ。一方トリスケリオンは+1/+1カウンターが3つ乗せられた状態で戦場に出るクリーチャーで、自分の持つカウンターを一つ取り除くと、対象としたプレイヤーかクリーチャーに1点のダメージを与えられる能力を持っている。

 この2体が揃うと、トリスケリオンの能力で対戦相手のクリーチャーなどにダメージを飛ばすたびに+1/+1カウンターが補充され、対象にできるクリーチャーが存在する限り、無限にダメージを飛ばす事が可能となるコンボだ。実に面白い(やられている方は面白くないだろうが)。

 その他「荒廃鋼の巨像」や「引き裂かれし永劫、エムラクール」と「歓楽の神、ゼナゴス」、「鏡割りのキキジキ」と「隔離するタイタン」など、強力極まりないコンビが多数存在する。どれも派手な効果なので、試していただきたい。バディ・ムービーの主人公を見ている気分になれる。


 このカードを総評すると

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・唱えられれば勝利は目前だ)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・呼び出すコンビ捜しだけでも楽しめる)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・大振り呪文である為対処方法は多い)

 


 少々高価である上に、専用デッキでなければなかなか力を発揮できないカードだが、このカードで呼び出すコンビを探すだけでも楽しめる筈だ。資金に余裕のある方は組んでみてほしい。

スポンサーリンク

 

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから