好きなカードを紹介していく。第十三回「強迫」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、黒の定番ハンデス呪文を紹介しようと思う。見たことがある方も多いだろう。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170508165403j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

強迫 (黒)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の手札を公開する。あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーは、そのカードを捨てる。

 

スポンサーリンク

?


 さて、今更紹介・説明をするカードではないかもしれないが、いつも通りに書いていこうと思う。

 早速、それぞれの要素から見ていこう。

 先ずはマナ・コスト。黒の一点である。0マナの呪文を除けば最も軽いこのスペルは、最序盤から使える手札破壊である。そして、手札破壊はソーサリーであることが多く、このカードも同じくソーサリー。インスタントでは相手のメインフェイズが来る前に捨てさせられてしまうためだろう。

 そして、最も重要な効果だが、これは、土地とクリーチャー以外のカードを1枚捨てさせられる、というものだ。

 全てのカードタイプをカバーできる訳ではないが、通常はこれで十分である。なぜなら、黒はクリーチャーの破壊に長けた色だからだ。「恐怖」「破滅の刃」そして、最近追加された「致命的な一押し」など、選択肢には困らない。残る土地だが、これは序盤に黒1点で実質的な土地破壊を行えないようにするためだろう。たった1マナでマナ・スクリューを起こせるようではカードパワーのデザインに問題がある。

 では、残るカードタイプはどうだろうか。捨てさせられるのは

・インスタント
・ソーサリー
・エンチャント
・アーティファクト
・プレインズウォーカー

 この5種だ。最も優秀なダメージソースであるクリーチャーは捨てさせられないものの、大抵のカードタイプに対応できるのは良い。近年ではフィニッシャーがプレインズウォーカーであるものも多く、また、コンボデッキのパーツは大抵これらのカードタイプだ。よって「強迫」は、対コンボ、コントロール用として一番力を発揮するカードと見て良い。

 この「強迫」は非常に優れたカードだ。その理由に、1マナのハンデス呪文でありながら、極端なバランスではないという点が挙げられる。初版などのヴィンテージセットでは、クリーチャーが強いと評価され、逆にインスタントやソーサリーなどは弱く見られていた。そうしたバランスで組まれていたセットだけに「Black lotus」や「Ancestral Recall」などのパワー9が生まれてしまったのだろう。これらをモデルに作られた亜種は、そのほぼ全てがデチューンだ。マナコストが多くなっている。または「ライオンの瞳のダイヤモンド」のように手札を捨てるなどのデメリットがついている。

 しかしこの「強迫」は、1マナハンデスの始祖でありながら、そうしたバランス崩壊を起こしていない。リミテッドエディションに比べれば随分と新しいカードなだけに、そうしたノウハウが十分に蓄積されて来ていたのかもしれないが、それでも絶妙なバランスと言える。

 また、自分がコンボデッキなどを使っている場合にも有効だ。相手がカウンターを構えていないか確認できれば、安心してコンボをスタートできる。

 

 

 競合カードとの比較

 

 では、このカードはどうだろうか。主な亜種を見ていくと単純なデチューンでもなければ、完全な上位互換も存在しない。それは、この「強迫」のカードパワーが適正であった事を証明しているのではないだろうか。

 例えば、モダンでもよく使われる「思考囲い」。「強迫」の選択肢にクリーチャーが追加されているが、これは打っただけでライフを2点失う手札破壊だ。大抵はクリーチャーを落としても元は取れるのだが、相手がアグロデッキの場合はその2点が致命傷になりかねない。こうした相手はこの手のハンデスが効きづらいため大人しくこれらをサイドアウトし、アドバンテージの取れる除去などを入れた方が良いだろう。

 そしてもう一つの代表的なカードは「コジレックの審問」だ。このカードは「思考囲い」と同じく、土地以外のカードを選択肢にできる。しかし捨てさせられるマナコストに制約があり、3マナ以下でなければならない。ウィニーなら最も強力なクリーチャーと1対1交換が望めるものの、ミッドレンジ以降では落とせるカードが減ってしまう。特にコントロール相手の場合、カウンターは落とせてもフィニッシャーが止められなかったという事態に陥る可能性があり、"相手の最も良いカードと等価交換できる"というハンデスのメリットが薄れてしまう弱点がある。

 よって、どのカードも状況に応じて使い分ける必要があり、それが1マナハンデスの面白さとも言える。

 このカードを総評すると

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・嵌れば相手を機能不全に追い込める)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・対コントロールの場合、その判断が明暗を分ける)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・1マナハンデスだが、アドが取れているわけではない)

 

 「セラの天使」と同じく、地味だがジワリと効く味のあるカードだ。なんだかんだと黒系のカードはどの環境でも重宝されている。興味を持ったなら、この地味な手札破壊を選択肢に入れてみては如何か。

スポンサーリンク

 

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから