好きなカードを紹介していく。第二十五回「カルドーサの鍛冶場主」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、モダンでも使える優秀なサーチカードを紹介しようと思う。


 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170427175410j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

カルドーサの鍛冶場主 (5)
アーティファクト クリーチャー - 構築物

(T),アーティファクトを3つ生け贄に捧げる:あなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

3/5


 見たことがない方が多いかもしれない。殆ど茶単系デッキ専用のクリーチャーだ。

 

 詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコスト。このカードはアーティファクトで、色を持っているわけでもない。必要なのは不特定マナ5点だけだ。要求されるコストは軽くないものの、色について心配する必要はなく、どのデッキにも搭載できる。

 

 一方、サイズは3/5と優秀とは言えない。白系に多いタフネス偏重タイプだ。クロック的には悪くはないが、コストを考えると殴り合いには向いていないと見るべきだろう。

 

 そして、肝心の効果。自身のタップとアーティファクト3つを生け贄に捧げることで、ライブラリーからアーティファクトを1枚引き出すことができる。これは直接戦場に出され、マナコストを支払う必要がない完全な踏み倒し効果だ。

 

 ただし、その対価はアーティファクト3枚。普通に使えばカードの損はかなりのものだ。

 

 しかし、モダンでも使える、サーチ兼踏み倒し手段を諦めるのも惜しい。なんとか、使える方法を探ってみようと思う。

 

 相性の良いカードを探す

 

 このカードは自身も生け贄にすることができるため、相手は最小で2体だ。これだけで「精神隷属器」や「荒廃鋼の巨像」などを戦場へ出せるとなればかなり魅力的ではある。しかしやはり、ディスアドバンテージの大きさは気になる。代替する手段が必要だ。

 

 トークン稼ぎ

 まず最初に考えられるのは「歯車工の組細工」などのトークン生成アーティファクトを使う方法だ。これらでパーマネントを水増しすれば、サーチする回数を増やすことができる。やはり本体は最後まで温存しておきたいし、複数回使うことができれば、それだけ盤面が有利になる。それらで一度「マイアの戦闘球」でも引っ張れば、さらにパーマネントが増やされ、次のサーチの種となる。

 

 手がかりトークン

 緑であれば「不屈の追跡者」などの手がかりトークン生成クリーチャーを使うのも手だ。この「カルドーサの鍛冶場主」が戦場に出るまでに、少なくとも二回は上陸が誘発するため、あと1枚稼ぐことができれば同じように「マイアの戦闘球」で更にサーチを行うことができる。

 また、「不屈の追跡者」でなくとも、「往時の主教」や「搭載歩行機械」などを組み合わせれば、トークンを量産できるかもしれない。

 

 親和の隠し球として

 あるいは、親和系デッキに小数枚採用し、フィニッシャーを早い段階でキャストする手段にも使えるだろう。親和と言えば、普通はアーティファクトだらけのデッキだ。生け贄のパーマネントに困ることはまずないし、3ターン目辺りに「カルドーサの鍛冶場主」から「荒廃鋼の巨像」を着地させることができれば、素早く勝利に向かうことができるだろう。「流刑への道」などの単体除去が怖いが、これらは「呪文滑り」などで逸らし、なんとかフィニッシャーを守らなければならない。

 

 「先駆のゴーレム」を「修繕」に

 重さなどもあり、流石に本家と比べると性能は劣る。しかし、カード1枚が強烈なフィニッシャーに化けると思えば安い投資である。このカードと5マナの投資で、「荒廃鋼の巨像」や「隔離するタイタン」、あるいは「精神隷属器」、「虚無石のガーゴイル」「白金の天使」などに化けてでてくると思うと、おそるべきコストパフォーマンスだ。

 

 しかし、何故か「先駆のゴーレム」を鍛冶場主が打ち直すと質量が増える。MTGの世界は複雑怪奇だ。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・デッキ設計段階から突き詰めればかなりの強さに)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・あらゆるアーティファクトを探せる)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・動いていると強いが、除去耐性は低い)

 

 今回は、無色でも使え、また再利用可能なサーチ手段を持つカードを紹介した。レガシー・ヴィンテージは別として、モダンでは非常に貴重なアーティファクトサーチだ。一度は、このようなデッキでファッティと共に戦ってみたい。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから