好きなカードを紹介していく。第四十回「ブリン・アーゴルの白鳥」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、ユニークな能力を持った青白混成マナのフライヤーを紹介しようと思う。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170515115426p:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

ブリン・アーゴルの白鳥 (2)(白/青)(白/青)
クリーチャー - 鳥・スピリット

飛行
発生源1つがブリン・アーゴルの白鳥にダメージを与える場合、そのダメージを軽減する。その発生源のコントローラーは、この方法で軽減されたダメージに等しい枚数のカードを引く。

4/3

 

 他に類を見ない能力だ。ダメージの発生源が相手だとすると、アドバンテージを失う効果は実質的に「ファイレクシアの抹殺者」が近いかもしれない。

 

 早速詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコストだ。青白混成マナのダブルシンボルを含む、計4点。4マナ圏でダブルシンボルとなると、やや色拘束が強そうに見えるが、青白の混成マナなので支払いは通常よりもかなり楽である。

 

 そしてサイズは4/3だ。マナコストとパワーが同じというのは、青や白のミッドレンジクリーチャーとしては非常に優秀である。おまけにこれが飛行を持っているとなると、頼もしいパンチャーとなってくれる。

 

 しかし、このクリーチャーにはもう一つ能力がある。

 

 それは、発生源がこのクリーチャーにダメージを与える場合、ダメージを全て軽減し、その分のカードを引く、というものだ。

 

 普通に考えてみると、これはデメリット能力だろう。戦闘では死ななくなるが、相手の大型フライヤーにブロックされた場合。4枚から5枚引かれてしまう。

 

 このディスアドバンテージはゲームを決めかねない枚数である。

 

 しかし、MTGのプレイヤー達は本当に素晴らしいアイデアを見せてくれた。このデメリット能力を逆手に取ったコンボデッキが誕生したのである。

 

 

 スワンアサルト

 

 先ず最初にご紹介したいのは、「突撃の地鳴り」を使ったコンボデッキである"スワンアサルト"だ。

 

 動きは非常にシンプル。

 

 先ず、「突撃の地鳴り」と「ブリン・アーゴルの白鳥」を戦場に出す。そして、手札に土地が2、3枚程度あればコンボスタートだ。

 

 「突撃の地鳴り」の効果を使い。土地カードを捨てる。ダメージの対象となるのは「ブリン・アーゴルの白鳥」だ。

 

 「突撃の地鳴り」は2点ダメージを与えようとするが、能力により軽減され、2枚ドローに変換される。

 

 続けて土地を捨て、ダメージを与えていくと、みるみる手札が増えていく。

 

 最終的には、有り余る土地を「突撃の地鳴り」の効果で捨て、相手に20点ダメージを与えれば勝利だ。

 

 非常に面白いのは、このカードをアタッカーに据え、なるべくダメージを受けないように運用する、という発想ではなく、能動的にドロー能力を使い勝利を目指すという発想だ。

 

 

 スワンプラズマ

 

 このカードを使った別のコンボデッキも紹介しておこう。発想は近いものがあり、マナやカードをなるべく使わずにカードを引く、という設計思想だ。

 

 先ずは「ブリン・アーゴルの白鳥」を戦場に出す。これは同じ。

 

 次に、「プラズマの連鎖」を唱える。このカードは、2マナで3点ダメージを飛ばす火力呪文だが、ダメージを受けたプレイヤーか、クリーチャーのコントローラーがカードを一枚捨てることにより、この呪文をコピーできる、という効果がついている。

 

 そしてこの呪文の対象は勿論「ブリン・アーゴルの白鳥」だ。最初は2マナで3ドロー。対象となったクリーチャーのコントローラーは自分なので、カードを一枚捨てることで更に同じ効果を得られる。二回目以降は0マナ+カード一枚で3ドローだ。

 

 ブーンズのドローを上回る凄まじいドロー効率である。

 

 

 黒に対する脆さ

 

 しかし、ダメージを受けないため除去耐性がありそうに見えるが、実はかなり脆いクリーチャーである。

 

 特に黒に対しては無防備と言っても良い。

 

 例えば「恐怖」のような単体除去。これはダメージではないので普通に除去されてしまう。


 また、「胆汁病」などのマイナス修正呪文も苦手である。タフネス3というのは、この手のマイナス修正呪文の射程内である事が多く、一枚で簡単に対処されてしまいがちだ。

 

 また、コンボデッキに採用されている事が多いのも弱点である。青系コントロールであれば守る手段も用意できるが、コンボデッキは防御手段が少ない。

 

 使用するならば、流行のデッキカラーを慎重に見定める必要があるだろう。

 

 このカードを総評すると

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・通常運用でも案外強い)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・「稲妻」が「Ancestral Recall」に)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・白や黒ならば対処は容易)

 

 今回は、コンボデッキ御用達のクリーチャーである「ブリン・アーゴルの白鳥」を紹介した。このカードも使いがいのある一枚だ。チェインコンボなどが好きな方は、一度デッキリストを眺めてみるのも良いかもしれない。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから