好きなカードを紹介していく。第四十六回「超起源」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、時のらせんに登場するリメイクサイクルの一つを紹介しようと思う。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170521160411j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

超起源
ソーサリー

待機3 ― (1)(緑)(緑)

あなたから始めて、各プレイヤーはアーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地・カードを自分の手札から戦場に出してもよい。この手順を、誰もカードを戦場に出さなくなるまで繰り返す。

 

 かのトンデモスペル「Eureka」のリメイクカードだ。必要なマナコストこそ減っているが、少々特殊な唱え方をする。

 

 詳細を確認していこう。

 

 先ずはマナコストだ。このサイクルの1番の特徴である。呪文のコストが無い。

 

 これは0マナで唱えられるという意味ではなく、コストが無いため唱えられない。では、どのようにして呪文を唱えれば良いのかというと、テキストに書かれた"待機"という効果を使う。

 

 待機というのは、待機X-(マナコスト)といったように表記され、マナコストを支払い追放する事で、Xターン後のアップキープステップに呪文が自動で唱えられる、というものだ。

 

 つまりこのスペルは、この効果を使ってしか唱えられないのである。

 

 しかし、制約が多いだけに効果は強烈だ。その効果は、呪文のコントローラから始めて、手札のアーティファクト、クリーチャー、エンチャント、土地を、お互いのプレイヤーが出さなくなるまで出しても良いというものである。

 

 双方に影響があるものの、その踏み倒し効果は擬似的な「全知」のようなものである。相手にも効果があるが、専用に組まれたデッキならば、「絶望の天使」などを使って有利な状況を作ることができる。

 

 しかしMTGは、しばしばデザイナーの意図を超えた使われ方をする。

 

 このカードもその一つである。

 

 

 踏み倒し

 

 つまるところ、このカードと相性が良いのは「絶望の天使」や「森滅ぼしの最長老」のようなパーマネント破壊カードだ。出すだけでアドバンテージが取れ、かつ、厄介なパーマネントにピンポイントで対応ができる。相手が吐き出したカードを次の順番で破壊してしまえば勝利は近い。

 

 よって、この呪文で出すカードより、この呪文を唱える手段を考える事が重要である。

 

 最も良いのは踏み倒しだ。このスペルを、本来の待機以外で唱える手段を考える。

 

 

  続唱

 

 アラーラで登場したキーワードに続唱というものがある。効果は、この呪文を唱えたとき、ライブラリートップを順に追放して行き、点数で見たマナコストがこの呪文以下のカードを唱えても良い、というものだ。

 

 本来であれば、通常のスペルの効果に加えて、もう一枚ライブラリーから唱えられるおまけの効果だ。

 

 だが、続唱を持ったスペルより軽い呪文が「超起源」だけの場合はどうだろうか。

 

 例えば、「献身的な嘆願」を唱えたとしよう。この呪文の点数で見たマナコストは3点なので、ライブラリートップから点数で見たマナコストが2点以下の呪文がめくれるまで追放を続ける。

 

 しかし、デッキに入っている点数で見たマナコストが2点以下は「超起源」のみだ。

 

 よって、追放効果は「超起源」がめくれるまで続き、それが追放された場合、マナコストを無視して唱えることができる。

 

 通常の待機コストよりも遥かに素早くキャストすることが可能だ。この効果でコントロール系カードを戦場に並べてしまえば、序盤から「超起源」で重量級のパワーカードを連打することが可能となる。

 

 しかし、このコンボがあまりに強力であったためか、当時のエクステンデッドで「超起源」が禁止指定を受けることになった。

 

 

 巧技サイクル

 

 もう一つ挙げるとするなら、霊気紛争で登場した巧技サイクルだ。この呪文は、唱えた効果の中に、この呪文より点数で見たマナコストが1点少ないスペルを手札から唱えても良い、というものだ。

 

 例えば「カーリ・ゼヴの巧技」であれば、本来のコストが3点のため、2点以下の呪文を唱える事ができる。手札から、という注文があるが、元々の続唱が強過ぎただけに、このくらいのパワーでも十分に使う事ができる。

 

 上記の続唱スペルも、この巧技サイクルも、コストのないカードは、点数で見たマナコストが0点で計算されるため問題はない。

 

 他にも踏み倒し手段はあるが、効率の良いものは今の所上記の2つだ。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・専用デッキであれば非常に強力)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・構築センスとプレイングスキルが要求される)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・相手がCIP能力で固めていると逆効果)

 

 今回は、「Eureka」の現代モディファイ版とも言える「超起源」を紹介した。未だにモダンでも禁止されており、使えるフォーマットはレガシーだけだ。レガシーでの目立った活躍はないが、大きな可能性も感じるカード。興味を持たれた方は、このカードを悪用する手段を考えてみてほしい。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから