好きなカードを紹介していく。第五十二回「ゴブリンの群衆追い」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、実に赤らしい、超前のめりなゴブリンを紹介したい。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170529173805j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

 

ゴブリンの群衆追い (1)(赤)
クリーチャー - ゴブリン・戦士

プロテクション(青)
ゴブリンの群衆追いが攻撃するたび、それはターン終了時まで他の攻撃しているゴブリン1体につき+2/+0の修整を受ける。

1/2

 

 正気を疑うような攻撃修正効果である。

 

 しかし、落ち着いて詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコストだ。赤のシングルシンボルを含む、計2マナ。クリーチャーの中ではかなり軽量な部類に入るが、ゴブリンという部族自体が軽い傾向にあるため、実質的には標準のコストと見ることができる。

 

 しかしサイズは1/2と、マナコストに対してはやや小さい。また赤にしては珍しくタフネスに偏って居るのも珍しい特徴である。

 

 そしてこのカードには、プロテクション(青)が付いている。対抗色らしい能力とは言えるものの、この能力も非常に珍しいポイントだ。

 

 さて、肝心のメインテキストだが、このカードが攻撃するたび、一緒に攻撃している他のゴブリン1体につき、パワーが2上がる、というものだ。

 

 どう考えておかしな修正値である。

 

 キーワード能力に"賛美"というものがある。単体で攻撃すると、賛美を持つクリーチャー1体につき、パワーとタフネスが+1される効果である。

 

 この効果でもかなり強力なのだが、「ゴブリンの群衆追い」の修正値は2である。

 

 かつて、ゴブリンデッキのメインパンチャーを張っていただけの事はある。

 

 数とパワーの暴力

 

 通常、ウィニーはクリーチャーを並べ、数による攻勢で序盤からライフを攻めていくデッキだ。採用されるクリーチャーは小型ながら高性能なものが揃う。

 

 しかし、この「ゴブリンの群衆追い」はその性能が規格外である。

 

 謎の攻撃力

 

 例を挙げよう。

 

 「サバンナライオン」が3体攻撃した場合だ。強化がない状態でも、この3体でクロックが6発生する。

 

 これが3ターン目に行った攻撃であれば、非常に優秀である。

 

 では「ゴブリンの群衆追い」ならばどうか。理想的な立ち上がりを行うならば、1ターン目に「ゴブリンの従僕」から「包囲攻撃の司令官」を戦場に出し、2ターン目に「ゴブリンの群衆追い」。そして、3ターン目に全員で攻撃だ。

 

 先ずは「ゴブリンの従僕」で1点、ゴブリントークンで3点、「包囲攻撃の司令官」で2点。そして、「ゴブリンの群衆追い」で9点だ。

 

 即ち、15点である。

 

 どこかで計算を間違えてしまったのではないかと思うほどのパンチ力だ。この威力でも、「ゴブリンの群衆追い」以外の戦闘修正が無いのも恐ろしい。もし3ターン目の戦闘前メインフェイズに「ゴブリンの酋長」を置こうものなら、ぴったり20点だ。

 

 速攻デッキ、ここに極まる、といったところだろう。

 

 地味に嬉しいプロテクション

 

 ここまで見ていただいて、攻撃性能は十分、というよりも異常なレベルにある事はお分りいただけたかと思う。

 

 しかしこの「ゴブリンの従僕」は、防御性能もなかなか侮れない。

 

 それが、このクリーチャーの持つプロテクション(青)である。

 

 プロテクションは、括弧内の色、タイプに対する強力な防御能力であると以前も紹介したが、このカードが持つのはプロテクション(青)。

 

 つまり、青のクリーチャーに防御されず、青の発生源からダメージを受けず、また青い呪文や能力の対象にならない、というものだ。

 

 青の代表的な除去といえば「ブーメラン」などのバウンスだが、相手が青かった場合は、攻撃後もスペルによって手札に戻される心配はない。

 

 そして、青にしばしば登場する大型クリーチャーにも防御されないため、最後のワンパンチであれば安心してアタックすることが可能だ。

 

 青系のコントロールデッキがフィニッシャーを戦場に出している場合、既にゲームは終盤に入っている筈で、その場合相手は「ゴブリンの群衆追い」の攻撃に耐えられるほどのライフは残っていない筈である。

 

 対戦相手は手札を抱えたまま、指をくわえてこのカードが攻撃してくるのを見ているしかない。

 

 現代では

 

 しかしながら、これだけ強力であっても現代の環境ではやや厳しい。

 

 理由の一つは、アーキタイプの多色化が進んでいる事だ。プロテクションは青以外には無力なため、現代の優秀な除去で簡単に対処されてしまう。青の単色デッキ自体が減少傾向にあるため、このクリーチャーを守るのは難しいと言わざるを得ない。

 

 また、スピード勝負のデッキが増えているのも逆風だ。オンスロード収録時には速かったゴブリンも、現代の親和や感染のスピードには分が悪い。

 

 特に親和に関しては、「物読み」や「感電破」などの壊れた専用スペルを持つため、かなり厳しい戦いとなるだろう。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・嵌った時の瞬発力は特筆モノ)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・速攻デッキは1ターンが濃い)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・場合によっては、相手が早すぎて何もできず敗北する可能性有)

 

 今回は、ゴブリンデッキで活躍した「ゴブリンの群衆追い」を紹介した。攻撃修正が突出した、使いたくなる派手さを持った1枚である。速攻デッキに自信のある方は、リストを眺めてみるのも面白いかもしれない。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから