好きなカードを紹介していく。第五十五回「秘密を掘り下げる者」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、モダンで活躍する優秀フライヤーを紹介しようと思う。おまけにコモンである。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170602184648j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

 

秘密を掘り下げる者 (青)
クリーチャー - 人間・ウィザード

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。

1/1

 

昆虫の逸脱者
クリーチャー - 人間・昆虫

飛行

3/2


 ご存知の方が多いかと思う。"デルバー"である。

 

 早速詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコスト。青のシングルシンボル1点のみと、非常に軽量だ。島1枚から置けるため、青系コントロールとしては珍しく、1ターン目から戦場に出せるアタッカーとなる。

 

 一方サイズは、青のクリーチャーらしく1/1と非常に貧弱である。特に回避能力もついておらず、戦闘に向いている性能とはとても言えない。

 

 しかしこのクリーチャー、両面カードだ。

 

 両面カードとは、イニストラードで登場した変身能力を持つカードである。特定の条件下で変身し、変身後は変身前よりも強力である場合が多い。

 

 吸血鬼や狼男などのクリーチャータイプを持つカードが変身能力を持っている場合が多く、まさしく、ゴシックホラームービーのように怪物へ変身する様が表現された面白いカードだ。

 

 このカードも変身能力を持っており、変身前こそ貧弱だが、返信すれば3/2飛行と、立派なアタッカーとなってくれる。

 

 その変身条件は、アップキープ開始時にライブラリートップを見て、それを公開しても良い、というものだ。公開されたカードがインスタントかソーサリーであれば「秘密を掘り下げる者」を変身させることができる。

 

 さてこのカード、一体どこが強いのだろうか。

 

 クロック3の力

 

 先ず第一に挙げたいのは、返信後はパワーが3のフライヤーである点。通常の飛行クリーチャーであれば、4マナは支払わなければ戦場に出すことができないパワーである。

 

 しかしこのカードの場合、変身という条件がついているためか、コストが青1点のみと恐ろしく安い。

 

 運が良ければ2ターン目から攻撃を開始することができ、あとは7ターン戦場をコントロールしながら殴り続ければ勝利。

 

 通常のパーミッションがフィニッシャーを出す機会を探っている間に勝負がついてしまうのである。

 

 変身条件の緩さ

 

 2つ目の強さは、変身条件の緩さである。インスタントやソーサリーなどそうそうめくれないと思われるかもしれないが、色が青となれば話は別である。特に青系のコントロールはインスタントやソーサリーのコントロールカードがデッキのメインとなっており、普通にめくるだけでも変身できる可能性が十分にある。

 

 その上、青は占術などのライブラリー操作が得意な色である。3ターン目以降ともなれば、「血清の幻視」などで占術を行い、いわゆる積み込みで変身する確率を大幅に上げることが可能だ。

 

 軽量である

 

 第三のストロングポイントは、その軽さ。青の1点であれば、他のコントロールカードを構えていても比較的簡単に唱えることができる。これが中量級より重いクリーチャーであれば、返しのターンが無防備になり、せっかく戦場へ出したクリーチャーを破壊されてしまうリスクもある。

 

 しかし「秘密を掘り下げる者」であれば、たった1マナで戦場へ送り出せる。軽いため隙ができにくく、他のコントロールカードで守るのも容易だ。

 

 そして仮に除去されたとしても、青1点に対して、通常はそれ以上のマナを支払って対処している場合が多く、テンポ面でも有利だ。
 

 心理戦

 

 このカードのテキストを見てみると、実は公開は任意である。よって、インスタントやソーサリーがライブラリートップにあっても、公開しないことを選択することも適正だ。

 

 通常であればあまり意味はないが、黒を相手にして手札が割れている場合などに有効である。

 

 例を挙げよう。

 

 相手がどうしても通したい呪文を持っており、そして相手は、こちらにカウンターを使わせたい。先ずは中レベルの脅威を唱え、相手にカウンターを吐き出させる。

 

 返しのターンで、ライブラリートップに「対抗呪文」があったとしてもそれをあえて公開せず、普通にドロー。この時点で、こちらがカウンターを握っているかどうかは相手にわからないのである。確率はそこまで高くないため、通常のプレイヤーであればここで通したい呪文を唱えてしまうだろう。

 

 すかさずカウンターを唱えれば、相手の強力な勝ち手段を止める事ができ、こちらは有利にゲームを進める事ができる。


 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・コモンとは思えない超性能)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・"あの映画"のフレーバーを感じるデザイン)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・対処手段は多いが、対処してアド損の場合も)

 

 今回は、モダンで活躍する名カードである「秘密を掘り下げる者」を紹介した。コモンで収録されている事が信じられない性能で、青のメインパンチャーを張るのに申し分ない。モダンの青コントロールを組むならば、4枚揃えておいて損はないだろう。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから