好きなカードを紹介していく。第五十六回「暗黒の儀式」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、かつて黒で大活躍していたマナ加速カードを紹介したい。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170603160145j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

暗黒の儀式 (黒)
インスタント

あなたのマナ・プールに(黒)(黒)(黒)を加える。

 

 MTGが日本語化された頃にプレイしていた方であれば見覚えがある筈だ。

 

 早速詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコスト。黒の1点のみと、非常に軽量である。

 

 そしてその効果は、自分のマナ・プールに(黒)(黒)(黒)を加える、というもの。カードアドバンテージを失ってしまうものの、1ターン目から行えるマナ加速は非常に強力だ。

 

 早速、この「暗黒の儀式」がどのように使われていたのか振り返ってみようと思う。

 

 ブーンズのナンバー2

 

 コストと効果を見て察している方も多いかと思うが、このカードもブーンズだ。ブーンズとは1マナで3何かする、という、MTG最初のサイクルと言われるカードたちの俗称である。

 

 このカードは「Ancestral Recall」に次ぐカードパワーを持っていると考えられており、あれだけ強力な「稲妻」をも凌駕するポテンシャルがある。

 

 それもその筈で、このカードが1枚あれば、1ターン目から3マナの呪文を唱えられてしまうのである。最序盤に戦場に出したいカードが2ターン早く場に出るだけでどれほど有利になるのか、プレイヤーの方であればお分かりになるだろう。

 

 「Black Lotus」までは行かないが、最序盤のマナ加速がいかに強力か体現したカードと言えよう。

 

 3マナの脅威

 

 では、このカードを使ってどのようなカードを唱えれば良いのだろうか。

 

 やはり筆頭は「惑乱の死霊」であろう。いわゆる"A定食"だ。1ターン目に戦場へ着地させる事で、2ターン目以降、毎ターンランダムディスカードを強要できる非常に強力なクリーチャーである。

 

 次点では、「ファイレクシアの抹殺者」。デメリットはあるものの、1ターン目に5点ものクロックが戦場に出るなど、通常では考えられない速度だ。

 

 あるいは「隠れ潜む邪悪」などのエンチャント。ライフを半分支払わなければならないが、4/4飛行ともなれば仕方のない出費である。

 

 勿論、相手が除去を持っていた場合はアドバンテージを大きく失ってしまうが、対処されなければ非常に強力だ。

 

 ファイアスターター

 

 ここまでは通常の黒系デッキでの使用を想定してきたが、次はコンボデッキでの使用を考えて見たい。

 

 私個人としては、このカードの真価はむしろこちらで発揮されるのではないかと思う。

 

 あのピットサイクルやメグリムジャー、あるいは黒の入るストーム系デッキで使われ、そのスピードアップに大きく貢献していた。

 

 そしてその中で、特に相性が良いのはストームだ。「暗黒の儀式」を唱える事でマナ加速が行え、かつストームが1増える。「苦悶の触手」がフィニッシュ手段であれば、このカード1枚でキャストの助けとドレイン量増加を行えるのである。

 

 まさしくコンボスタートの"火付け役"で、「厳かなモノリス」や「ライオンの瞳のダイアモンド」などに並び、コンボデッキを支えた強力なマナソースだ。

 

 実は弱体化している

 

 非常に強力な「暗黒の儀式」だが、ルール変更により、実はこれでも弱体化している。

 

 かつてはインタラプトというカードタイプであったこのカードは、カウンター以外の妨害を受ける事がなかった。その後マナ・ソースとなり、さらに強力になる。

 

 特にマナ・ソース期の「暗黒の儀式」はわけのわからない強さだ。

 

 マナ・ソースというカードタイプは、優先権を持っていればいつでもプレイでき、そしてプレイすれば即座に解決される。現代で表現するならば、刹那が付いているようなものである。対応されないため確実にマナを手に入れる事ができ、例えば「オアリムの詠唱」などで妨害される心配がない。

 

 今でこそマナ加速は赤の役割になっているが、「暗黒の儀式」も黒の隆盛を支えたマスターピースの一つであると言えよう。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・アド損ではあるがマナ加速カードとしては最軽量)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・専用デッキを組みたくなる効果)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・あまりのスピードはしばしば理不尽である)

 

 今回は黒のマナ加速カードである「暗黒の儀式」を紹介した。今はレガシーでしか使えないカードだが、黒のレガシーデッキは比較的安価で組めるため、黒系のデッキであれば採用を検討してみても良いだろう。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから