好きなカードを紹介していく。第五十七回「先駆のゴーレム」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、変わったトークン生成クリーチャーを紹介したい。緑や白ではなく、アーティファクトである。

 

 こちらだ。

 

f:id:free_spirit777:20170604161835p:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

先駆のゴーレム (5)
アーティファクト クリーチャー - ゴーレム

先駆のゴーレムが戦場に出たとき、無色の3/3のゴーレム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを2体生成する。
プレイヤー1人が単一のゴーレムのみを対象とするインスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを唱えるたび、そのプレイヤーはその呪文が対象にできる他の各ゴーレム1体につき、その呪文を1回コピーする。各コピーは、それらのゴーレムのうち別々のものを対象とする。

 

3/3

 

 下の能力がわかりにくいかもしれない。

 

 順に説明していこう。

 

 先ずはマナコスト。不特定マナのみの、計5点だ。軽くはなく、通常のデッキであればフィニッシャークラスカードが居てもおかしくないコストである。

 

 レアリティもあるため、ある程度のサイズを期待してしまうが、このクリーチャーは3/3だ。このサイズだけを見ると、非常にコストパフォーマンスは悪い。おまけに回避能力も持っていないため、本当にただの3/3である。

 

 しかしこのクリーチャーは、戦場に出たとき、3/3のゴーレムトークンを2体連れてくる。

 

 つまり、3/3が3体。5マナで増えるクロックは9点と、途端に効率が跳ね上がる。5マナ9/9と考えると、悪いどころか壊れた性能だ。

 

 だが、メリットが強いカードは必ずデメリットが抱き合わせだ。このカードにはもう一つの効果がついており、ゴーレムがインスタントやソーサリー呪文の対象になるたび、それを他の対象に取る事ができるゴーレム全てにコピーする、というものだ。

 

 つまり、ゴーレム1体を対象とすると、他の全てのゴーレムに呪文が複製される効果である。

 

 これは基本的にデメリットで、相手の「稲妻」1枚が全てのゴーレムに飛んでしまう事を意味する。

 

 しかしながら、このデメリットも中々興味深い使い方がある。

 

 

 コピー効果の妙

 

 この効果は基本的にデメリットだと説明したが、対象を取る呪文のコントローラーは、何も対戦相手だけに限定されているわけではない。

 

 つまり、自分も「先駆のゴーレム」を対象に呪文を打つ事ができるのである。

 

 非常に危ういが、これは強力なメリットでもある。

 

 例えば「跳躍」だ。この呪文は青1点でクリーチャー1体に飛行を与えるインスタントである。それだけでなく、ファストトリップがついておりハンドアドバンテージを失わないという利点がある。

 

 では、このスペルをこの「先駆のゴーレム」に唱えるとどうだろうか。

 

 本体とトークン2体全てに呪文が複製され、全てのゴーレムが飛行を得られる。

 

 それだけではない。3体に呪文がコピーされているため、キャントリップの効果も3倍だ。即ち、青1点でカードを3枚引くという、あの「Ancestral Recall」と同じマナ効率になってしまう。

 

 これはチャンスがあるなら是非狙いたい。回避能力を付与しながらアドバンテージまで取れてしまう動きは非常に強力だ。

 

 

 古きクローサの力

 

 単純なパンプアップ呪文であればこれを推奨したい。わずか1マナで+4/+4もの修正を与える強力なスペルである。このスペルを防ぐ事ができなければ、相手は7/7のクリーチャー3体を相手にすることになり、非常に厳しい戦いを強いられるだろう。

 

 

 顕在的防御

 

 除去の回避においては、このスペルが良いだろう。カラデシュに収録されたこの1マナのインスタントは、クリーチャー1体に+2/+2の戦闘修正と呪禁を付与するスペルである。

 

 相手の除去に合わせて唱えれば、立ち消えさせる事ができ、攻撃に対応して打てば非常に大きな効果を上げられるだろう。

 

 

 変位エルドラージ

 

 次に挙げたい相棒はこのクリーチャー。元々強力なカードだが、戦場に出るだけで効果が誘発するこの「先駆のゴーレム」を明滅させれば、3/3トークンが2体出てくる。

 

 ここで重要なのが、この効果が"呪文ではない"点だ。明滅のインスタントやソーサリーではトークンにまで能力がコピーされてしまい、追放されたトークンはそのまま消滅してしまうが、この能力で対象に取ればコピー効果が誘発しない。

 

 よって、無色を含む3マナで3/3トークンを2体生産する機関が完成する。マナ効率はかなり良く、相手の対処手段を封じてしまえばゴーレムで簡単に圧殺できるだろう。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・注文はつくがマナ効率はかなり高い)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・明滅やキャンントリップト使いたい)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・直接破壊しにくい緑などには天敵となる)

 

 今回は面白い効果を持ったトークン生成クリーチャー「先駆のゴーレム」を紹介した。トークン関連のカードとのシナジーもあり、ハマれば規格外の瞬発力を見せてくれるだろう。青や緑の専用デッキを組んでも面白いかもしれない。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから