好きなカードを紹介していく。第六十二回「虚空の杯」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、打ち消し系のアーティファクトを紹介したい。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170609184426j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

虚空の杯 (X)(X)
アーティファクト

虚空の杯はその上にX個の蓄積カウンターが置かれた状態で戦場に出る。
プレイヤーが、この上に置かれている蓄積カウンターに等しい点数で見たマナ・コストを持つ呪文を1つ唱えるたび、その呪文を打ち消す。


 ミラディン以降に始められた方であれば見たことがあるかと思う。

 

 早速詳細を見ていきたい。

 

 まずはマナコスト。不特定Xマナのダブルシンボルだ。当時としては珍しいコストだが、今は「搭載歩行機械」や「歩行バリスタ」などでおなじみのコストである。

 

 さて、次にメインの効果を見ていきたい。

 

 先ず一つ目の効果だ。「虚空の杯」はその上にX個の蓄積カウンターが置かれた状態で戦場に出る、というもの。単体では意味がないが、このカウンターの数が重要となる。

 

 そして肝心な二つ目の効果である。プレイヤーが「虚空の杯」の上に置かれた蓄積カウンターの数に等しい点数で見たマナコストの呪文を唱えたとき、それを打ち消す、というものだ。

 

 即ち、自動打ち消しである。マナも、タップも必要なく、条件に合致したスペルが自動的に打ち消される。

 

 言うまでもなく、有用なカードだ。

 

 エターナル環境の切り札

 

 さて、このカードを有効に利用するのなら、間違いなくエターナルのフォーマットだ。

 

 理由はシンプルで、0マナのアーティファクトが最も多く存在するから、である。

 

 このカードをコントロールに搭載した場合、各種Moxや「Black Lotus」、「羽ばたき飛行機械」など、X=0で唱えれば圧倒的に有利な状況を作り出すことができる。場合によっては投了ものだ。

 

 また、同じように点数で見たマナコストが0の呪文に対しても有効である。

 

 例えば、上にも挙げた「搭載歩行機械」や「歩行バリスタ」、あるいは、「否定の契約」などの契約サイクルも自動的に打ち消すことができる。

 

 また、相手の「虚空の杯」もだ。

 

6/11更新

 どうやら、呪文がスタック上にある場合は支払われたマナの量が点数で見たマナコストとなるようだ。よって、「虚空の杯」で「歩行バリスタ」や「搭載歩行機械」を打ち消したい場合は、通常通り相手の支払ったマナコストの数だけの蓄積カウンターが必要である。「否定の契約」については、問題なく打ち消すことが可能だ。

 

 ヴィンテージで制限を受けているカードは伊達ではない。

 

 モダンでは

 

 モダンでも採用例がある。搭載アーキタイプはランプだ。

 

 大量マナの出るデッキならではのチョイスと言える。通常のデッキでは、精々X=2程度。しかしランプならば、Xの値を4や5まで伸ばすこともできる。

 

 自分のフィニッシャーはカウンターされず、相手の後続クリーチャーを封殺することができるカウンターを載せることが可能だ。大量マナに物を言わせたランプらしい使い方と言えよう。

 

 また、近年モダンのランプデッキでも流行り始めている「歩行バリスタ」の対策も兼ねているようである。点数で見たマナコストが(X)のスペルは全て0として計算されることを利用して、これを初手に置いてしまうことで相手の「歩行バリスタ」を出せなくしてしまおう、と言うわけだ。

 

 X=1という選択

 

 また、普通にXを1にして使うこともできる。と言うよりも、この使い方がモダンやレガシーのフォーマットでは一般的なのかもしれない。

 

 広いカードプールであればあるほど、1マナの強力な呪文は増えていく。「剣を鋤に」、「渦まく知識」、「致命的な一推し」など、枚挙にいとまがない。

 

 

 プレイングセンスを問われる

 

 良い点ばかり話してきたが、このカードにも明確な弱点がある。

 

 それは、打ち消しの効果がすべてのプレイヤーに及ぶ点だ。自分にも、である。

 

 よって、相手の軽量なユーティリティスペルを打ち消そうとすると、必然的に自分も同じコストの呪文が唱えられなくなる。X=1であれば、1マナのインスンタントやソーサリー、クリーチャーまでもが封じられてしまう。

 

 このようなデメリットを抑えるために、クリーチャー主体のデッキであれば「魂の洞窟」などで一方的に有利な状況を作りたいところだ。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・コツは要るが、自動カウンターが弱いはずがない)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・プレイヤーのセンスが問われる)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・デッキによっては投了もの)

 

 今回は、ヴィンテージまで活躍の場を広げている名アーティファクト、「虚空の杯」を紹介した。しかし正直なところ、TCGとしては高すぎる価格だ。面白いカードだが、残念ながら万人にはオススメできない。資金に余裕がある方のみ、一度価格を見て検討してみてほしい。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから