好きなカードを紹介していく。第六十三回「悪斬の天使」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、当時のスタンダードで大活躍したあの天使を紹介しようと思う。この紹介で察した方も居られるかもしれない。

 

 そう、こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170610164041j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

悪斬の天使 (3)(白)(白)
クリーチャー - 天使

飛行、先制攻撃、絆魂、プロテクション(デーモン)、プロテクション(ドラゴン)

5/5

 

 非常にシンプルに、強い。

 

 詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコストだ。白のトリプルシンボルを含む、計5マナ。軽くはないが、超重量級というわけでもない。コントロールにフィニッシャーとして搭載されるならば、ちょうど良いくらいのコストである。

 

 そしてそのサイズは5/5と、かなり立派である。

 

 白はウィニークリーチャーは強力で、大型はあまり攻撃に向いていない場合が多い。しかし天使となれば話は別である。「セラの天使」を見ればお分かりかと思うが、非常にコストパフォーマンスが高く、フィニッシャーとして頼り甲斐のある強さである。

 

 そしてこの天使は、「セラの天使」を上回る、様々な能力を持っている。

 

 先ずは飛行だ。5/5の飛行であればダブルシンボルとはいえ5マナクリーチャーには出来過ぎなスペックである。更に先制攻撃を持ち、同サイズのフライヤーとも相討せずに済む。

 

 更にダメ押しの絆魂。この能力によってダメージレースでも優位に立つことができ、おおよそ隙のないスペックだ。

 

 また、デーモンやドラゴンに対するプロテクションを持っている。あまり頼れるシーンはないが、「ウェストヴェイルの修道院」などが変身した際、受け止められるのは安心感がある。

 

 このクリーチャーは強い。

 

 色が合うならとりあえず

 

 上記の通り、この「悪斬の天使」はただただ強い。

 

 アブザンジャンクなど、色が合うならばとりあえず入れても機能するレベルの強さである。クロック5のフライヤーが弱いはずもなく、戦場に出てしまえば、対戦相手に厳しい対処を迫る事になるだろう。

 

 しかも、色によっては対処できない事があり得るのである。

 

 今回は、今までのようにこのカードの使い方ではなく、このカードを相手にした場合、どのように対処しなければならないかを考えていきたい。

 

 

 対処方法

 

 強力な「悪斬の天使」だが、対処自体は難しくない。

 

 モダンであれば、「流刑への道」や「四肢切断」、あるいは「破滅の刃」でも落とすことは容易だ。相手の妨害がなければただの5/5に過ぎず、黒や白の優秀な除去で撃ち落とすことができる。

 

 1点ポイントを挙げるとするなら、赤での除去は推奨しない、という事である。5点ものタフネスを削るのに火力を撃っていては、マナ効率も悪く、何より赤の火力1枚で対処できない場合が多い。赤を入れたデッキであれば、組み合わせている白や黒の呪文で対処したほうがいいだろう。

 

 では、想定される採用アーキタイプ2つについて対処方法を考えてみる。

 

 

 青白系デッキ

 

 アゾリウスカラーに「悪斬の天使」が採用されている場合、高確率でカウンターが搭載されている。除去を撃ったとしてもかわされる可能性が高く、一見無防備な、除去耐性の無いこのクリーチャーに対処するのは難しい。

 

 そして青系デッキはアドバンテージを獲得するのに長けた色であり、枚数勝負は良策とは言いがたく、戦場に出るのを許してしまえば、厳しい戦いを強いられるだろう。

 

 他のフィニッシャーが居ないようであれば、2枚使ってでも落としておきたい。対処できなればあっという間に敗北である。相手がタップアウトした隙を見逃さないことが肝要だ。

 

 

 白黒緑

 

 いわゆるアブザンカラーのアーキタイプ。いわゆるジャンク系デッキである。

 

 このデッキに搭載されている場合、対処は難しくない。

 

 しかし他の問題がある。このクリーチャーに対処しても、他のクリーチャーも無視できないほど強力なものが多く、除去を打つ対象に、常に悩まされる事になるだろう。

 

 また、この色では「永遠の証人」が採用されている場合も多く、一度落としたはずの「悪斬の天使」が再度戦場へ戻ってくる事もある。

 

 札の質で勝つことは難しく、リセットなどで上手くアドバンテージを獲得できなければ勝利は遠いだろう。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・ただ強い。出せば有利に)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・強いが面白味はない。強さを求める方に)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・空を飛ぶ5/5絆魂は非常に厄介)

 

 今回は、白の傑作天使である「悪斬の天使」を紹介した。美しいイラストと強さを兼ね備えた素晴らしいカードだ。是非4枚揃え、ジャンクやコントロールで活躍させて欲しい。 

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから