好きなカードを紹介していく。第六十五回「ワームとぐろエンジン」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、幅広いフォーマットで活躍する、傑作アーティファクトクリーチャーを紹介したい。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170613181718j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

ワームとぐろエンジン (6)
アーティファクト クリーチャー - ワーム

 

接死、絆魂
ワームとぐろエンジンが死亡したとき、接死を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャートークンを1体と、絆魂を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャートークンを1体戦場に出す。


6/6


 モダン以下のフォーマットプレイされている方は見慣れたカードかと思う。

 

 早速詳細を確認して行こう。

 

 先ずはマナコスト。無色、不特定マナの6点である。軽くは無く、超重量級のカードが多いアーティファクトの中でも重い部類に入る。普通にキャストしようと思えば、戦場に出られるのはゲームの後半になるだろう。

 

 そして、肝心のサイズは6/6と非常に大きい。文句無く大型クリーチャーで、たいていの相手には戦闘で勝利できるサイズである。計算上のマナレシオは並だが、色拘束が全く無い事を考えるとコストパフォーマンスはかなり良い。

 

 そして、このクリーチャーには効果がついている。

 

 上段に書かれているのは、キーワード能力の接死と絆魂だ。トランプルは持たないものの、高タフネスのクリーチャーに何度もブロックされない点は優秀で、また攻撃するたびに6点ものライフをもたらしてくれる。ダメージレースで優位に立つ事が可能である。

 

 しかしこれだけではない。問題なのは、最後の能力である。

 

 このクリーチャーが死亡したとき、3/3のトークンを2体生成する、という効果。このトークンにはそれぞれ接死と絆魂が与えられており、死亡しても打点そのものは変わらないという、実にいやらしい効果である。

 

 では、間違いなく強いこのクリーチャーを、どのように悪用するか考えて行こう。

 

 傑作アーティファクト


 この、"マトリックス"に出てきそうなイラストのワーム型クリーチャーは、強い効果の塊のような性能である。

 

 しかし、どんなに強力な札も戦場に出なければ意味が無い。

 

 早速、戦場に出す手段、あるいは、更に悪用する手段を考えたい。

 

 マナ加速・高出力地形


 先ず第一に挙げるのは、ランプの王道であるマナ加速によって素早く出す方法である。

 

 モダンならば「木霊の手の内」などの優秀な土地サーチスペルがあり、また「春の鼓動」などの倍出しカードもある。早ければ4ターン目くらいには出す事ができるだろう。

 

 あるいは、ウルザランドやpostなどの、複数マナが出る土地だ。

 

 モダンの場合「雲上の座」は使えないが、ウルザランドならば「森の戦術」や「探検の地図」でサーチが可能である。実際にトロンへの採用実績もあり、相性は良い。

 

 「楽園の拡散」+「ソンバーワルドの賢者」


 「春の鼓動」を使うと相手にも潤沢なマナを与えてしまうが、この組み合わせならばこちらだけがマナ加速を行うことができる。

 

 1ターン目に森から「楽園の拡散」を張り、2ターン目に3マナ域にアクセスした後、「ソンバーワルドの賢者」を戦場に出す。

 

 このクリーチャーは好きな色のマナを3点も出してくれる。出されるマナはクリーチャー呪文にしか使えないが、相手からの妨害が無ければ3ターン目に「ワームとぐろエンジン」を着地させることができ、十分な加速として働いてくれる筈だ。

 

 「ミミックの大桶」


 さて、先に挙げた2つは素早く出す方法だが、少し視点を変え、効果を使いまわす手段を考えてみたい。

 

 そこで目をつけたのが「ミミックの大桶」である。

 

 このカードは、墓地にカードが置かれるたび刻印するかどうか決める効果が誘発し、タップとマナの支払いで刻印されたカードのコピートークンを出す、という効果を持っている。トークンは例によって、ターン終了時に追放である。

 

 このトークンはコピー元と同じ効果を有しており、死亡時の誘発能力もそのままだ。

 

 つまり、このトークンを相手ターンなどに出し、相手のクリーチャーをブロック。その後、生け贄に捧げるカードの効果で墓地へ送ってしまえば、象サイズのトークンが2体も手に入ってしまう。

 

 おまけにこのトークンはターン終了時にも死亡しない。パーマネントは純増し、相手のクリーチャーも1体減らすことができる強力なエンジンとなる。

 


 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・強いが、やや重いか)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・躍動感あふれる素晴らしいイラスト)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・パワー6の絆魂は対処を間違えると敗北まっしぐら)


 今回は、以前カジュアルのpostでも愛用していた「ワームとぐろエンジン」を紹介した。私は何より、このSF映画じみたイラストが気に入っている。絡みついた2つのワームが分解されてトークンになる様も実にユニークだ。お持ちの方は茶単デッキのフィニッシャーに如何だろうか。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから