好きなカードを紹介していく。第六十六回「食物連鎖」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、コンボデッキを作ってくれと言わんばかりのマナ生成カードを紹介したい。


 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170614160039j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

食物連鎖 (2)(緑)
エンチャント

あなたがコントロールするクリーチャーを1体、追放する:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナX点を加える。Xは、追放されたクリーチャーの点数で見たマナ・コストに1を加えた点数に等しい。このマナは、クリーチャー呪文を唱えるためにしか支払えない。 

 

 効果を正直に受け止めるなら、クリーチャーを1体犠牲にして、少しだけ大きなクリーチャーを出せるようになるカードだ。

 

 詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコストである。緑のシングルシンボルを含む、計3点だ。エンチャントして重くもなく、軽くもない、中量の中でもさらに中量程度のコストである。マナ加速を得意とする緑であれば、2ターン目に出すことも難しくないだろう。

 

 そして、肝心の効果だ。

 

 自分のコントロールするクリーチャーを1体追放することで、そのクリーチャーの点数で見たマナコストに1を足した数の、好きな色のマナを得られる、という効果。またこのマナは、クリーチャーにしか使えないという制限がついている。

 

 戦場のクリーチャーを失う代わりに、その分のマナに少しだけ色をつけた量のマナが得られる効果、と捉えるのが正解か。

 

 見ようによってはマナ加速だけではなく、マナフィルターの価値もある。

 

 さて、このエンチャントをどのように料理していくべきだろうか。

 

 特定条件での爆発力

 

 もちろん、普通に使うだけでも十分な効果がある。

 

 例えば、この「食物連鎖」を出す前に、戦場に「根の壁」を出していたとしよう。3ターン目に「食物連鎖」を戦場に出し、そして、4ターン目のメインフェイズを迎え、土地を置く。

 

 この時点で手が届くマナ域は、土地4枚から4点、そして「根の壁」の1点。更に、マナを出した「根の壁」を追放することでさらに3点のマナが得られる。

 

 即ち、4ターン目にして8点ものマナが得られるのである。瞬発力はウルザトロンに匹敵するレベルだ。

 

 しかし、世のデッキビルダー達はこれでは満足できなかったようだ。

 

 明神の顕現

 

 一番最初に挙げたいのはこのデッキ、"ターボ明神"。

 

 明神とは、神河ブロックで登場した、各色に存在する伝説のスピリットサイクルである。これらは手札からプレイされて出た場合に神性カウンターと呼ばれる特殊なカウンターが乗り、これが乗っている限り破壊されず、そして、カウンターを取り除くことで固有の効果を発揮する。

 

 このデッキのカギを握るのは「風見明神」だ。

 

 「風見明神」は青のトリプルシンボルを含む、計10点ものマナを必要とする超重量級だが、サイズは3/3と、目を疑うほど弱い。

 

 しかし、このクリーチャーの真価はカウンターを取り除いた時の効果である。

 

 カウンターを取り除いた際の効果は、自分がコントロールするパーマネントの数だけカードを引く、というものだ。

 

 例えば、土地が4枚出ているならこれだけで4枚。「食物連鎖」と「風見明神」でそれぞれ1枚と、計6枚ものカードを引くことができる。

 

 その上、カウンターを取り除いたこの「風見明神」すら「食物連鎖」の燃料となり、さらに後続の明神達を唱えるためのコストにされてしまう。

 

 しかし、疑問に思うかもしれない。この超重量級をどのように出すのか。

 

 カギを握るのは「錯乱した隠遁者」。計5点のマナコストを持つ緑のクリーチャーで、1/1のリストークンを4体連れて出てくる。

 

 このクリーチャーとトークンを全て「食物連鎖」に掛けることで、計10点のマナを捻出する動きが、このターボ明神の"妙"、と言えるだろう。

 

 

 霧虚ろのグリフィン

 

 もう一つ紹介したい。この「霧虚ろのグリフィン」である。

 

 このクリーチャーは4マナで3/3飛行と基本スペックも悪くないが、非常に珍しい効果を持っている。

 

 それは、このカードを追放領域から唱えても良い、というものだ。

 

 今まで農場へ送られるカードは幾つもデザインされてきたが、自身の効果で戦場に帰還できるカードは珍しい。

 

 そして何より、「食物連鎖」との相性が素晴らしい。

 

 このカードを「食物連鎖」に掛けると、5点のマナが手に入る。しかし、そのマナを使って、この「霧虚ろのグリフィン」が唱えられてしまうのである。

 

 どうだろうか。たった2枚のお手軽無限マナエンジンの完成だ。

 

 あとは余りあるマナを使って相手を焼くなり、ライブラリーを空にするなりして勝利である。

 


 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・普通に使うだけでもそれなりに強力)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・クリーチャーを出す順番も重要である)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・クリーチャー除去がほとんど機能しなくなり、コンボが始まると終了)

 

 今回は、少し古いコンボ向けカードである「食物連鎖」を紹介した。しかし、現代のクリーチャーの力があれば、普通に使っても十分に強力である。日頃ビートダウンやコントロールを使っている方も、たまにはチェインコンボの研究をしてみても面白いかもしれない。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから