好きなカードを紹介していく。第六十八回「精神を刻む者、ジェイス」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、プレインズウォーカー嫌いの私が挙げざるを得ない、超パワーのカードを紹介したい。

 

 こちらだ。

 

f:id:free_spirit777:20170617161711j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

精神を刻む者、ジェイス (2)(青)(青)
プレインズウォーカー - ジェイス

[+2]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを、そのプレイヤーのライブラリーの一番下に置いてもよい。
[0]:カードを3枚引く。その後、あなたの手札のカード2枚をあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。
[-1]:クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
[-12]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーからすべてのカードを追放する。その後、そのプレイヤーは自分の手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。

 

3

 

 遂に出てきたか、という声が聞こえてきそうである。

 

 早速詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコストだ。青のダブルシンボルを含む計4点。呪文としては中量級で、プレインズウォーカーとしても並のコストである。ただし、インスタント系コントロールカードを多く擁する青にとっては数値以上に重い。

 

 そして忠誠度。この数値は、このカードがパーマネントとして戦場に出た際に置かれる忠誠度カウンターの数を意味しており、プレインズウォーカーのライフのようなものである。クリーチャーとは違い、ターン終了時に回復しないものの、カウンターの増減はターンが終了してもそのままである。

 

 また、プレインズウォーカーが戦場に出ているときは、通常の戦闘とはやや処理が変わる点も特徴である。

 

 攻撃宣言を行うプレイヤーは、どのクリーチャーで、どのプレインズウォーカーを攻撃するのか宣言する必要がある。プレイヤーがプレインズウォーカーとして戦うのがMTGだが、戦場に居るプレインズウォーカーは、プレイヤーの味方のように扱われるのである。

 

 何人ものプレインズウォーカーが肩を並べて戦う、現代のMTGの世界観を反映したパーマネントと言えよう。

 

 さて、それでは早速能力を見ていきたい。

 

 

 モダン禁止のポテンシャル

 

 この「精神を刻む者、ジェイス」は、プレイヤーのように自在に呪文を使うことができない。代わりに、忠誠度を増減することでいくつかの効果を使い分けることができる。

 

 そしてこのカードは、忠誠度能力が4つ搭載されている。

 

 順に見ていこう。

 

 +2 ライブラリー操作

 

 一つ目の効果は、対象となるプレイヤーのライブラリー操作である。ライブラリートップのカードを見て、それをライブラリーボトムに移動させるか選択できる効果だ。自分に使えば占術のように機能し、相手に使えば厄介なカードを引けなくさせられる。

 

 忠誠度も上がり、攻守ともに活躍する効果だ。

 

 0 渦まく知識

 

 さて、このカードの目玉効果である。この能力では、カードを3枚引き、手札からカードを2枚、ライブラリートップに戻す、という効果である。

 

 あの「渦まく知識」が、毎ターンタダで使えるなど、弱いはずがない。悪用手段も豊富である。

 

 -1 送還

 

 3つ目の効果は「送還」に似たクリーチャーのバウンスである。オーラが貼られた、あるいはカウンターの貯まった相手のクリーチャーをバウンスすればテンポ・アドバンテージを大きく稼ぐことができ、また自身のCIPクリーチャーをバウンスすれば使い回すことができる。

 

 本来ディスアドバンテージのバウンスだが、4マナで三回も使えるならばかなり強力だ。

 

 -12 手札をライブラリーに

 

 最後の効果。このカードの奥義となる能力は、相手のライブラリーを追放し、相手の手札をライブラリーに戻してしまう効果である。通常のライブラリー破壊が霞むような凄まじい威力で、通常のプレイであれば数ターンで決着してしまうことだろう。

 

 また、相手は抗うためのカードを全て失ってしまうので、ハンデスの効果もある。通れば勝ちと言っても良い。


 以上のように、パワーの塊のようなカードだ。モダンでは早々に禁止を受けたのも納得である。

 


 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・どう使おうがひたすら強い)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・ライブラリー操作・ドロー・バウンスと至れり尽くせり)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・ドローやライブラリー操作、バウンスがパーマネント1つから行われる)

 

 今回は「精神を刻む者、ジェイス」を紹介した。私個人として、プレインズウォーカーとして戦うMTGで戦場にプレインズウォーカーが出ているのには違和感があるが、いくつかのカードだけは無視できないほど強い。このカードはその筆頭だ。お持ちの方は、大事にしていただきたい。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから