好きなカードを紹介していく。第七十二回「ゴブリンの太守スクイー」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、赤い伝説のクリーチャーを紹介したい。しかし、戦場に出ることはないだろう。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170621112210j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

ゴブリンの太守スクイー (2)(赤)
伝説のクリーチャー - ゴブリン

あなたのアップキープの開始時に、あなたはあなたの墓地にあるゴブリンの太守スクイーをあなたの手札に戻してもよい。

 

1/1


 ウェザーライトのメンバーを知る方であればご存知かと思う。

 

 早速詳細を見ていこう。

 

 先ずはマナコストから。赤のシングルシンボルを含む計3点である。クリーチャーとしてはやや軽量なミッドレンジに位置するコストだが、ゴブリンとしてはやや重い。

 

 そして戦闘能力だが、1/1と絶望的に弱い。戦闘はほぼできないと考えて良いだろう。

 

 では、このカードのメリットは一体どこにあるのか、という事になる。

 

 それは、このカードの効果である。

 

 この「ゴブリンの太守スクイー」は、アップキープ開始時、このカードが墓地にあるならそれを手札に戻しても良い、という効果を持っている。手札の消費も、マナも不要な能力で、工夫する事で小さなアドバンテージを継続的にとっていく事が可能だ。

 

 早速、相性の良いカード達を見ていきたい。

 

 不死身の身体

 

 さて、いくら墓地に落とそうとも自力で手札に戻る事ができるこの能力。アップキープ開始時に墓地にいさえすれば良いので、戦場に出す必要はない。また、手札から捨ててもよく、更に、ライブラリーから直接墓地へ落としても有効だ。

 

 

 各種ルーター

 

 最もシンプルな活用手段は、「マーフォークの物あさり」のようなルーターとの組み合わせ。これらのカードは、起動コストを支払う事でカードを1枚引き、手札を1枚捨てる能力を持っている。

 

 青の軽量カードによく見られる、アドバンテージは稼げないが、手札の質を向上させる機能だ。

 

 しかし、この「ゴブリンの太守スクイー」があれば話は別である。能力を起動し、カードを1枚引き、このカードを捨ててしまえば良い。起動時点ではカードは増えないものの、「ゴブリンの太守スクイー」は次のアップキープ開始時に手札に戻ってくるので、更にこのカードをルーター能力に充てる事で継続的なアドバンテージ獲得が可能だ。

 

 「マスティコア」

 

 次に紹介したいのは、やはりこのクリーチャー。当時のコントロールデッキで大活躍した強力なアーティファクトクリーチャーである。

 

 4マナで4/4のサイズを持ち、2マナを支払う事でクリーチャー火力、同じく2マナで再生と、マナさえあれば攻守ともに隙がない。

 

 しかしデメリットとして、毎ターンアップキープ開始時にカードを1枚捨てなければならない。

 

 通常であれば、毎ターンディスアドバンテージが増えていく厳しいデメリットだが、このカードをコストに充てる事で帳消しにできる。

 

 

「禁止」

 

 3つ目は、この「禁止」。このカードは「対抗呪文」より(1)重くなったカウンタースペルだが、呪文を唱えたときにカードを2枚捨てる事で、解決後に手札に戻る事ができる。

 

 何度も使いまわせるのは良いが、1枚の呪文を打ち消すのに3枚ではまるで元が取れない。

 

 しかし、このカードを使うとどうだろうか。毎ターン3マナを用意するだけで、手札を減らさずにカウンターが可能となり、通常では考えられないコントロール力を発揮する。

 仮にコストのうち1枚でも、カウンターできる回数は増え、よりコントローラブルな動きが可能となる。

 


 紹介した利用法以外にもまだまだ手段はある。手札を消費する能力、スペルならはシナジーがあると思って良い。非常に用途が広いカードで、広いプールになるほど活躍の場が広がる1枚だ。

 

 また、このカードを素早く手に入れたいのなら、「直観」や「嘘か真か」などの墓地へ落ちるサーチカードとの併用がおすすめである。

 

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・単体では無力だが、強力なコスト軽減カードとも見る事ができる)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・あらゆるコストへの使用が可能。アイデア次第)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・回り始めると手が付けられないが、墓地対策カードで対処可能)

 

 今回は墓地から無料で回収できる「ゴブリンの太守スクイー」を紹介した。本編では可愛らしく、また子供っぽいゴブリンらしいゴブリンだ。特に青系デッキ使いであれば、一度は使ってみて欲しい1枚である。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから