好きなカードを紹介していく。第七十四回「騙し討ち」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、レガシーでも大活躍する赤いエンチャントを紹介したい。

 

 こちらだ。

 

f:id:free_spirit777:20170623050122j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

騙し討ち (3)(赤)
エンチャント

(赤):あなたは、あなたの手札にあるクリーチャー・カードを1枚戦場に出してもよい。そのクリーチャーは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、そのクリーチャーを生け贄に捧げる。

 

 レガシー環境で活動されている方には非常に有名なカード。

 

 詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコスト。赤のシングルシンボルを含む計4点だ。全体的に軽量なエンチャントの中では、やや重い部類に入る。しかし、赤には「煮えたぎる歌」などのマナ加速手段があり、見た目のコストよりは戦場に出しやすい。

 

 そして最も重要な効果。

 

 このエンチャントの効果は、赤1点を支払うことにより、手札のクリーチャーカードを戦場に出すことができる、というものだ。戦場に出たカードには速攻も付与され即時攻撃が可能だが、ターン終了時には生け贄に捧げなければいけない。

 

 スタンダードなどの狭いカードプールでも十分に強力なこの効果だが、特に、このカードが活躍するレガシーでは効果が強烈である。

 

 「引き裂かれし永劫、エムラクール」や「グリセルブランド」「世界棘のワーム」など、強力ではあるが超重量級のクリーチャーも難なく戦場に出すことができる。

 

 これらのクリーチャーは一度戦場に出るだけでもゲームを決めかねない能力を持っており、この「騙し討ち」とは相性抜群だ。

 

 早速、このカードを活用できるカードを見ていきたい。

 

 

「裂け目の突破」の原点

 

 緑にはクリーチャーを直接戦場へ出す効果がしばしば見られるが、赤は非常に珍しい。イラストから察するに、眠っているドラゴンに対して奇襲はできたものの、起きたドラゴンに食べられてしまったのだろう。

 

 低コストで戦場に出せる代わりに命がターン終了時まで、というリスクは、赤のカラーイメージ通りのデザインだ。

 

 

 一度戦場に出るだけで十分

 

 さて、第一に挙げたいのは、一度戦場に出るだけでもゲームを決められる能力を持ったクリーチャーだ。

 

 先に挙げた「引き裂かれし永劫、エムラクール」や「グリセルブランド」、「ニコルボーラス」に「荒廃鋼の巨像」、「ドラゴンの暴君」など、選択肢は様々。

 

 また、「セラのアバター」によりワンショットキルも可能である。

 

 強力なクリーチャーを赤1点で使える威力は半端ではない。

 

 

 CIPなどの能力を持つクリーチャー

 

 2つ目に挙げたいのは、戦場に出る、あるいは、死亡した際に効果を発揮するクリーチャーである。

 

 例を挙げるなら、これも先に紹介した「世界棘のワーム」。このクリーチャーは一度攻撃できるだけでも非常に強力だが、死亡時に5/5のワームトークンを3体も残していく。本体に比べて小さく見えるかもしれないが、本体が大きすぎるためこのトークンでも十二分のサイズである。

 

 あるいは、「絶望の天使」や「森滅ぼしの最長老」などの、戦場に出た際にパーマネントを破壊する能力を持ったクリーチャー。

 

 特に「森滅ぼしの最長老」は、頑強により2度パーマネントを破壊できるだけでなく、頑強で戻った時には「騙し討ち」の効果が消えているため戦場に残り続けることができる。

 

 

 無限マナエンジン

 

 あるいは、先日紹介した「パリンクロン」。このカードと、戦場に6マナ以上発生させられる土地があれば、「騙し討ち」の効果を使い、通常よりもずっと安いマナコストで無限ループを作ることができる。

 

 ここで生み出したマナを使えば、後続の強力クリーチャーを普通に唱え、戦場を制圧することが可能となる。

 

 このカードを総評すると


強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・汎用性が高く強い)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★★(星5・CIPなどを駆使すれば、あとはアイデア次第)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・「真髄の針」などで対処できなれば敗北必至)

 

 今回は、ウルザブロックに登場した強力エンチャントである「騙し討ち」を紹介した。現代のクリーチャー性能を想定したデザインではないため、今こそ威力を発揮するカード。レガシー環境で活動したい方は、このカードの存在を意識せざるを得ないだろう。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから