好きなカードを紹介していく。第七十六回「壊死のウーズ」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、いかにもコンボに使ってくれと言わんばかりのクリーチャーを紹介したい。

 

 こいつだ

 

f:id:free_spirit777:20170625111403j:plain

スポンサーリンク

?

 

壊死のウーズ (2)(黒)(黒)
クリーチャー - ウーズ

壊死のウーズが戦場に出ているかぎり、それはすべての墓地にあるすべてのクリーチャーカードの起動型能力を持つ。

4/3

 

 危険な香りが漂うテキストである。

 

 詳細を見ていきたい。

 

 先ずはマナコストだ。黒のダブルシンボルを含む計4点。クリーチャーとしては中量級と言ったところで、中盤にもなれば特に苦労もなく唱えることができるコストだ。しかしコンボ向きのカードであるため、どちらにせよリアニメイトなどによって早めに戦場へと立たせたい。

 

 次にサイズだ。4/3と、4マナの黒クリーチャーとしては及第点以上。タフネスがやや低く見えるのは、4マナ圏の割にパワーが大きいためだろう。

 

 そして、最も重要な効果。

 

 このカードの効果は、戦場に出ている限り、すべての墓地のクリーチャーの起動型能力を得る、というもの。

 

 冷静に考えなくとも恐ろしい効果である。

 

 単体では意味が無いような効果でも、このカードによって複数の効果が一緒に使えるようになれば、途端に化けるカードは多い。


 早速、いくつかの悪用手段を見ていきたい。

 

 コンボ専用機


 単体で使っても十分に戦力になるこのカードだが、やはりコンボで使ってこそ輝く。

 

 

 マナクリーチャー+「ピリ・パラ」

 

 最初に紹介したいのは、やはりこの組み合わせ。コンボの定番といえば無限マナである。

 

 しかしマナクリーチャーだけは一つ注文があり、タップで2マナ以上発生させられるカードである必要がある。

 

 さて、用意してしまえば挙動は非常にシンプルだ。この2枚を墓地へ落とし、この「壊死のウーズ」を戦場に出す。

 

 次にタップしてマナ能力を起動し、マナを発生させる。

 

 そしてその2マナを使って「ピリ・パラ」の能力を起動すれば、2マナの投資で1マナが発生し、アンタップ状態に戻るので、1度のサイクルで好きな色のマナを1点得ることが可能となる。

 

 このコンボは「ピリ・パラ」の能力がアンタップシンボルである点がミソだ。

 

 あとは発生したマナを使って勝負を決めればいい。

 

 「Phyrexian Devourer」+「トリスケリオン」

 

 2つ目に挙げたいのは、私の好きな「トリスケリオン」を使ったコンボ。

 

 このコンボは更にシンプルだ。

 

 先ずは同じように、コンボに使う2枚を墓地へ落としておく。そして、「壊死のウーズ」を戦場に出してコンボスタート。

 

 最初に起動するのは「Phyrexian Devourer」の効果。自身のライブラリートップを追放し、その点数で見たマナコスト分の+1/+1カウンターを乗せる、というものである。

 

 あとは簡単だ。「壊死のウーズ」の上に乗ったカウンターを「トリスケリオン」のダメージ効果によって飛ばすだけである。マナもタップもかからず、自分のライブラリーが尽きるまでダメージを撃ち出すことが可能だ。

 

「鏡割りのキキジキ」

 

 次に、更に枚数を減らしたコンボ。墓地に必要なのは、この「鏡割りのキキジキ」1枚だ。

 

 1枚ならばわざわざ「壊死のウーズ」を使う必要が無いのではないかと思われるかもしれないが、実は決定的に違う点がある。

 

 この「壊死のウーズ」が"伝説ではない"点である。

 

 「鏡割りのキキジキ」は伝説でないパーマネントをコピーできる能力を持っているが、「壊死のウーズ」は伝説ではないため、自身をコピーの対象とすることが可能だ。

 

 あとは相手の終了ステップ中、自分に優先権が回ってきたタイミングでコピーを繰り返せば、返しのターンに一斉攻撃を仕掛けてゲームエンドである。

 

 また、戦場に出す手段は「生き埋め」とリアニメイト呪文がオススメだ。特に「生き埋め」はコンボパーツとこのカードを一気にサーチすることができ、スピードアップに大きく貢献してくれる。

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・「ショック」では焼けないサイズでサイズもなかなか)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・あらゆるクリーチャーとのシナジー・コンボ有)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・動いていると強力だが、除去は比較的容易。墓地対策でも)

 

 今回はコンボ向けクリーチャーである「壊死のウーズ」を紹介した。このカードは対戦相手の墓地も参照するため、相手の墓地のカードとのコンボも可能である。無限好きの方に試していただきたい1枚である。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから