好きなカードを紹介していく。第八十一回「トロールの苦行者」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、ミラディンブロックで登場した、非常にタフネスなクリーチャーを紹介したい。

 

 こいつだ。

 

f:id:free_spirit777:20170701050721j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

トロールの苦行者 (1)(緑)(緑)
クリーチャー - トロール・シャーマン

呪禁
(1)(緑):トロールの苦行者を再生する。

3/2

 

 優秀である雰囲気は感じられるが、少々地味に映るかもしれない。

 

 詳細を見て行きたい。

 

 先ずはマナコスト。緑のダブルシンボルを含む計3点である。緑としては軽量な部類に入るクリーチャーで、うまくすれば2ターン目には戦場に着地させることができるコストである。

 

 そしてサイズは3/2だ。飛びぬけて優秀なわけではないが、このコストでパワーが3あれば十分高性能である。

 

 しかしこれだけではない。この「トロールの苦行者」のメリットは、その生存能力である。

 

 サイズ自体はそこまで大きくはない。通常であれば熊サイズと相打ちになってしまうタフネスだ。

 

 だがこのカードには、緑を含む2点を支払う事で再生する能力がついている。トロールがタフなのはこの再生のお陰だ。よって、マナさえあれば戦闘破壊が難しく、下手をすると一方的な破壊が続きかねない。

 

 更に強力なのは、このカードに呪禁がついている点である。戦闘破壊が難しいなら追放やバウンスで対処したいところだが、このカードはそれすら許さない。戦闘破壊を強要しながら、その除去を受け付けない防御能力を有しているのである。

 

 味方であれば非常に頼もしいこのトロール。どのようなカードと組み合わせるべきか。

 

 質実剛健

 

 一般的な面白みはあまりないこのカードだが、やはり信頼性の高さ、タフネスは特筆すべき点である。


この「トロールの苦行者」はとにかく丈夫で、リセットや布告系除去以外を受け付けない耐性を備えているのが一番のメリット。この点を生かした運用を行いたい。

 

 序盤を支える壁

 

 まず、3ターン目に出るパワー3はなかなかの脅威となる。よって、相手も攻め手を緩めざるを得ない壁として機能させることができる。

 

 しかしここで攻めない場合はさらに厄介だ。次のターンからは再生が可能となり、トランプルなどの貫通能力や飛行をはじめとした回避能力を持たないクリーチャーは、この「トロールの苦行者」1体に阻まれ攻撃が通らなくなってしまう。

 

 立ち上がりの遅いアーキタイプ、あるいは、アブザンなどの緑系ジャンクデッキに投入することで、その質を一段階上げることができるだろう。

 

 スペルとの相性

 

 このカードが搭載する"呪禁"。対戦相手のコントロールする呪文や能力の対象にならない、という非常に便利な防御能力である。

 

 相手の呪文を殆ど気にする必要がなく、また、こちらの支援は受け付けるという最高クラスの除去耐性。

 

 この、自分のコントロールするスペルを受け付ける点もなかなか優秀だ。相手は触ることすらできないこのクリーチャーだが、自分が放つ「巨大化」などのジャイグロ系スペルや二段攻撃付与などは全て対象にすることができる。

 

 ひとたびアタッカーとして動き出すと、防御側プレイヤーは苦しい判断を迫られることになるだろう。チャンプブロックを行うことはできるが、トランプルを付与されれば大ダメージを受けるリスクがあり、またパンプアップスペルに対応して除去を撃つ、という動きが通用しない。

 

 "一方通行"の強みは、攻めでも活きる。

 

 不遇の登場時期

 

 このように、非常に渋い強さを持つこの「トロールの苦行者」だが、当時は全くと言っていいほど活躍できなかった。その理由は、このカードが収録されたセットにある。ミラデインだ。

 

 当時は、他のアーキタイプが霞むような超高速ビートダウンデッキが大流行を見せ、環境を席巻していた。

 

 親和である。

 

 当時はまだ「金属ガエル」や「マイアの処罰者」などの、殆どバニラのクリーチャーが採用されていたが、それでも2〜3ターン目辺りに登場する4/4などはかなりの脅威だった。

 

 また、「羽ばたき飛行機械」が再録されていたのも大きな逆風である。高い防御力を持っていても、飛行クリーチャーは止められない。これに「頭蓋囲い」が装備されると3ターン程度で人が死ぬ攻撃力を持ち、「トロールの苦行者」が出ても完全に手遅れなシーンがしばしば見られたのである。

 

 のちにアーティファクト土地が禁止になり、創造の標デッキでようやく活躍の舞台を手に入れることになった。

 

 まさに苦行者だ。

 


 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★☆☆(星3・地味だが信頼できる性能)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・派手な面白さはない。いぶし銀)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・戦場に出てしまうと対処困難)

 

 今回は、ミラディンで登場したタフネスクリーチャー、「トロールの苦行者」を紹介した。高性能なのにもかかわらず、なかなか活躍の機会が得られないという不幸なクリーチャーである。カードプールのデザインがいかに難しいかを知ることのできる興味深い1枚と言えるだろう。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから