好きなカードを紹介していく。第九十九回「変位エルドラージ」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、白にしばしば登場する、明滅能力を持ったクリーチャーを紹介したい。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170722045617p:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

変位エルドラージ (2)(白)
クリーチャー — エルドラージ

欠色
(2)(◇):他のクリーチャー1体を対象とし、それを追放し、その後それをオーナーのコントロール下でタップ状態で戦場に戻す。

3/3

 

 一見、意味があるのかわからないような効果だが、これが非常に有用である。

 

 詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコスト。白のシングルシンボルを含む、計3点である。エルドラージというクリーチャータイプは超重量級のものばかりだったが戦乱のゼンディカーで軽量なエルドラージが大量に追加され、プレイしやすいカードが増えた。非常に珍しいクリーチャータイプである。

 

 そして、サイズは3/3だ。3マナのクリーチャーにしてはかなり優秀なサイズで、戦闘でも十分に活躍が見込め、また、ある程度の火力にも耐えられるタフネスを持っている。シングルシンボルをであることを考えれば出来すぎと言える。

 

 また、これだけではない。このクリーチャーには効果が2つ付いている。

 

 一つ目は、自身の色を無色と定義する欠色。このキーワード能力を持つクリーチャーは、たとえマナコストに色マナを要求していようと、自身を無色として扱うエルドラージ特有のキーワード能力である。あまり意味がなさそうに見える効果だが、無色が有利になる呪文などが存在しているため、それらを有効活用するための効果と見ていいだろう。

 

 また、このブログでは、欠色の効果を持つカードも色マナを要求するため色付きカードとして分類している。ご了承頂きたい。

 

 さて、そして肝心のメインテキストである。このカードは(◇)と2マナを支払うことで、他のクリーチャー1枚を追放し、それをタップ状態で戦場に戻す効果を持っている。(◇)というマナシンボルは、無色マナを指定するシンボルである。

 

 さて、一時的に追放するだけでどのような利益が得られるのかよくわからない不可思議な効果に見える。

 

 しかしこの効果、非常に有用である。

 

 

 多芸

 

 さて。この「変位エルドラージ」の追放効果だが、どのような場面で有効に働くのか改めて考えていきたい。

 

 

 除去の回避

 

 まず考えられるのは除去の回避である。対戦相手が撃ってきた除去に対応して、対象となったカードをこの効果の対象にする。

 

 先ずは、ルールに関して少し説明したい。

 

 MTGの呪文や能力は、それが対象を指定する場合、多くはスタックに乗る段階で対象を決定しなければならない。決定した状態でスタック上にある呪文や能力は対象が固定されてしまっているため、解決時に対象がなくなっていると呪文や能力が消えてしまう。

 

 これを"立ち消え"と言うが、この状況を意図的に作り出すことができるのが、この「変位エルドラージ」の効果なのである。

 

 ここで疑問に思われるとするなら、帰ってきたカードが何故対象になっていないのか、と言う点だろう。

 

 MTGにおいて、一度でも戦場を離れたカードは、すぐに戻ってきた場合でも別のカードとして扱われるためだ。よって、まったく同じでも別のクリーチャーとして扱われ、対象にされてしまった呪文や能力を回避することができるのである。
 

 

 CIPなどの使い回し

 

 やはりもう一つは、戦場に出たときや、戦場を離れた時に誘発する効果の使い回しである。

 

 何度もご紹介している「永遠の証人」などは最高の1枚で、このカードで明滅させる事でアドバンテージを獲得することが可能だ。例えば「不屈の自然」などでも、毎ターン使うことができればライブラリー圧縮とマナ加速が行え、非常に強力である。

 

 または、「スラーグ牙」もかなり好相性である。このカードは戦場に出たときに5点のライフを回復できる能力と、戦場を離れたときに3/3のトークンを発生させる、と言う能力を持っている。

 

 この1枚を「変位エルドラージ」の効果で明滅させるだけで、ライフ5点と3/3トークンを1体手に入れることが可能だ。3マナで、しかもカードを消費することなく何度も使えるなら弱い筈がない効果だ。

 

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・シナジーを持つカードと組めば非常に強力かつ柔軟)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・回避、使い回し、ブロッカー排除と大活躍)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・除去耐性はなく、自身も追放できないため対処は容易)

 

 今回は、敵味方問わずクリーチャーを明滅させてしまう「変位エルドラージ」を紹介した。上記で少し触れたように、タップ状態で戻ってくる事を利用してブロッカー排除の仕事もできる。「訓練場」と組めば最高である。是非一度お試しいただきたい。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから