好きなカードを紹介していく。第百二十回「目覚ましヒバリ」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、やや変わったリアニメイト能力を持つクリーチャーカードを紹介したい。おまけに色は白である。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170813144036j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

 

目覚ましヒバリ (4)(白)
クリーチャー — エレメンタル
飛行
目覚ましヒバリが戦場を離れたとき、あなたの墓地にあるパワーが2以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで対象とし、それらを戦場に戻す。
想起(5)(白)

4/3

 

 なかなかの重さ、そして戦闘能力である。

 

 詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコスト。白のシングルシンボルを含む、計5点である。一応は中量クラスに分類されるコストだが、その中でも重めであり、普通にプレイしようとすると中盤の終わりから終盤にかけて登場、ということになる。

 

 ただし、シングルシンボルであるため、緑を含むデッキや無色マナでブーストするタイプのデッキでも容易に搭載できる点は良い。

 

 そしてその戦闘能力は4/3。飛び抜けて優秀ではないが、シングルシンボルでこれだけのスペックであれば十分だ。また飛行しているため、パンチャーとしても及第点以上の性能を持っている。いざとなれば、このパワーを生かしクロック4フライヤーとして活躍することも不可能ではない。

 

 ここまで見ても戦闘能力は低くないこのカードだが、実はその真価は効果にある。

 

 「目覚ましヒバリ」の能力は、戦場を離れたときに、自身の墓地にあるパワーが2以下のクリーチャーを戦場に戻すことができる能力だ。おまけに枚数は最大2枚と、かなりの大盤振る舞いである。

 

 この効果のポイントは二つ。

 一つ目は、戦場に戻すカードの点数で見たマナコストを参照しない点である。

 例えば、戦場以外にある「トリスケリオン」は1/1であり、このカードの効果で戦場に戻すことができる。通常のマナコストは6点だが、+1/+1カウンターが置かれるのは戦場に出るときであり、このような使い方ができる。

 

 同じように、幻影クリーチャーや電結クリーチャーも選択が可能だ。

 

 もう一つのポイントは、このカードが戦場を離れたとき、である部分。

 

 すなわち、死亡でなくとも良いのである。手札に戻ろうが、明滅だろうが効果が発揮される。

 

 また想起コストが設定されており、想起でのプレイもできるようになっている。生け贄手段が用意できない場合でも、とりあえずコンボ始動はできる点がありがたい。

 

 さて、悪用手段がありそうなこのカードを、どのように料理して行くべきか。

 

 

 白のコンボ

 

 何と言っても、カードを2枚も釣り上げることができる効果、マナコストを参照しない点は魅力的である。

 

 早速組み合わせるカードを考えたい。

 

 

 明滅系

 

 やはり真っ先に試したいのは明滅させられるカード。

 

 「変位エルドラージ」、あるいは「ミストメドウの魔女」などは使い回しが利き相性は抜群に良い。

 

 一度明滅させるだけでクリーチャーを2体も釣り上げることができるため、適当なカードと「永遠の証人」でも組み合わせれば、莫大なアドバンテージを稼ぎ出すアドマシーンと化す。

 

 

 「影武者」

 

 そして二つ目は、スタンダードでも用いられていた「影武者」とのコンボだ。

 

 この「影武者」は、戦場に出るとき、墓地のカード1枚のコピーとして出ても良い、という効果を持っている。

 

 コンボそのものは簡単だ。

 

 先ずは墓地に「目覚ましヒバリ」を用意しておく。あとは「影武者」を戦場に出すだけである。

 

 そして、「影武者」が死亡するとどうなるだろうか。墓地に落ちるとき、「目覚ましヒバリ」のコピーとなっている「影武者」の能力が誘発するが、誘発した直後、「影武者」は墓地で本来のカードに戻るため、パワーは0となる。

 

 よって、自身をリアニメイトの対象にすることができ、またさらに1枚のカードを釣り上げることができるようになる。

 

 あとは、「影武者」を何度も墓地に落とす生け贄手段などがあれば無限にリアニメイトすることができるようになる。

 

 生け贄手段が「ゴブリンの砲撃」などのダメージ系の場合、「影武者」1枚をループさせるだけで勝利できる点も面白い。

 

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・単体でも4/3フライヤーと優秀)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・電結や幻影など、P/Tが0であるクリーチャーも選択肢に)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・コンボ向けであり、動かれるとかなり不利)

 

 今回は1対2交換ができるリアニメイトクリーチャーの「目覚ましヒバリ」を紹介した。優秀なカードではあるが、そこまで高価なものでもない。まさしくカジュアル志向なカードであり、またモダンでも使用できる。コンボデッキビルダーであれば是非揃えておきたい1枚である。

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから