好きなカードを紹介していく。第百二十四回「ぬいぐるみ人形」

 ごきげんよう。本巣だ。今回は、しばしば登場する、ダメージ反射系のクリーチャーを紹介しようと思う。

 

 これだ。

 

f:id:free_spirit777:20170827211251j:plain

画像引用元: Gatherer - Magic: The Gathering

スポンサーリンク

?

 

ぬいぐるみ人形 (5)
アーティファクト クリーチャー - 構築物

破壊不能
ぬいぐるみ人形が戦場に出るに際し、プレイヤーを1人選ぶ。
ぬいぐるみ人形にダメージが与えられるたび、それは選ばれたプレイヤーに同じ点数のダメージを与える。
(T):ぬいぐるみ人形は自身に1点のダメージを与える。

0/1

 

 「ラースの灼熱洞」でも登場したあのカードである。

 

 詳細を見ていこう。

 

 まずはマナコストだ。不特定マナ5点と、やや重めの設定である。モダンのプールに含まれてはいるものの、プールの中では古い部類に入るため色を持たない標準的なアーティファクトである。

 

 しかし、そのサイズはなんと0/1。5点というコストからは想像できないほどの弱さである。特にパワーが1も無いのは致命的で、ブロックに回った「極楽鳥」すらしとめられない弱さ。破壊不能を持っているものの、戦闘力は皆無。

 

 では、このカードは何のために存在しているのだろうか。

 

 その理由は、このカードの効果にある。

 

 固有の能力は3つだ。

 

 1つ目は、戦場に出るとき、プレイヤーを一人選ぶ、というもの。これは対象を取っているわけではないため、「象牙の仮面」などで対象に取ることができないプレイヤーを選択することができる。

 

 そして2つ目の能力が肝心である。このカードにダメージが与えられるたび、選ばれたプレイヤーに同じ点数のダメージを与える、というものだ。

 

 まさしく呪いの人形である。和風に言えば、呪いのわら人形だろうか。この効果が、前述した破壊不能とかみ合っており、ブロッカーとしては最高クラスの性能を有していると言っても過言ではない。

 

 そして、相手が攻めてこなくとも、3つ目の能力で自身にダメージを与える事ができるため、プレイヤー限定のティム能力まで有し、能力が自己完結している手も優秀だ。

 

 だが、やはり5点ものマナを支払って強固なブロッカーではコストに見合わない。

 

 早速、有効に運用する策を考えたい。

 

 

 赤との親和性

 

 ダメージを与える、という分野において最も優れた色はやはり赤である。

 

 そして、受けたダメージを指定プレイヤーへ反射する性質を利用しない手は無い。

 

 

 全体火力

 

 真っ先に挙げるなら、やはり全体火力との相性である。

 

 いくつかの全体火力は、戦場のクリーチャーだけでなくプレイヤーにもダメージを与える効果を持っている。自身もダメージを受けてしまうが、相手にも同量のダメージを与えるためダメージレースで優劣がつくことはない。

 

 しかし、このカードがあればどうだろうか。

 

 例えば「地震」をX=4で撃ったとする。飛行を持たない戦場のクリーチャーに4点ダメージが与えられ、リセットに近い効果を得られる。各プレイヤーにもダメージが与えられるが、「ぬいぐるみ人形」で相手プレイヤーを指定していれば、倍の8点ダメージ。

 

 5マナ消費で8点のプレイヤー火力というだけでもマナ効率は抜群に良く、かつリセットがついているのだから弱いはずがない。

 

 

 「ラースの灼熱洞」

 

 そして、やはり忘れてはならないのがこのカードとの組み合わせだ。その威力たるや、ダメージが発生すればシャレにならない威力を発揮する。

 

 例えば「稲妻」。赤1点で3点ダメージを発生させる、非常に優秀な火力である。これを「ラースの灼熱洞」が出ている状態で「ぬいぐるみ人形」に撃つとどうなるか。

 

 先ず、置換効果によってダメージが6点になり、「ぬいぐるみ人形」に6点ダメージが与えられる。

 

 次に、「ぬいぐるみ人形」の誘発型能力により、受けたダメージがプレイヤーに反射されるが、ここでも置換効果が働き、12点に増幅される。

 

 1マナ12点ダメージである。思考が停止するほどのダメージ効率だ。

 

 また、全体火力となると更に恐ろしい。

 

 先ほど例に挙げた「地震」であれば、X=4で決着する程のダメージを叩き出す。

 

 先ずは4点ダメージが8点に増幅され各プレイヤーに命中。更に、ダメージを受けた「ぬいぐるみ人形」が更に倍の16点ダメージを発生させ、計24点のダメージが1枚のカードから生み出されてしまう。

 

 火力狂には垂涎の1枚である。

 

 

 このカードを総評すると

 

強さ ⇒⇒⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・かなりコンボ寄りで汎用性は低い)

面白さ ⇒⇒⇒⇒ ★★★★☆(星4・あらゆるダメージがプレイヤー火力に)

理不尽さ ⇒⇒⇒ ★★☆☆☆(星2・タフネス1でモダンなら対処は難しくない)

 

 今回は、ダメージを反射する「ぬいぐるみ人形」を紹介した。無色のダメージ発生源であり対象も取らない事から思いの外防ぎにくい。ブロッカーに立たせつつ、全体火力で戦場を一掃する赤系コントロールに入れてみるのも面白いかもしれない。

スポンサーリンク

?

広告について

 当ブログでは、第三者の広告配信サービス(google adsense)を利用しています。これら広告配信事業者は、各ユーザーに適した広告を配信するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(Cookie)を使用することがあります。これらの情報は、氏名、年齢、住所や電話番号を含みません。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

また、本巣への問い合わせの場合はこちらから